衛生学公衆衛生学

概要

本教室では環境・産業医学、疫学、公衆衛生の研究を行っています。フィールド(一般環境、職場、地域)における活動を重視していますが、フィールドで必要とされる基礎研究も講座内で行っています。詳しくは教室HPにある連絡先へご連絡下さい。

研究テーマ

  1. 化学物質の健康影響に関する研究(実験、疫学)
    産業界で使用されたり、環境中に漏出している化学物質のヒトへの健康影響評価を行うため、疫学研究を主として行っている。曝露測定や生物学的モニタリング手法の確立、健康影響を調べるに際し必要な基礎研究も併せて行っている。

  2. 小児に及ぼす健康リスク要因解明に関する研究(疫学)
    様々な要因の児に与える影響を解明するため疫学研究を行っている。

  3. 食品やPM2.5、花粉等の自然要因の健康への影響に関する研究(疫学)
    食品や健康補助食品、PM2.5、花粉等の自然由来の要因と健康影響との関連を調べる為の疫学調査を行っている。

スタッフ

教授

野見山哲生

講師

元木倫子(兼務)、重村倫成(兼務)

助教

上條知子、水木 将(特任)

その他

6名(特任教授2名、特任助教4名)

学生数

博士課程学生数

2名

研究室の所在及び連絡先

研究室の場所:基礎棟3階

主要な成果/Major Publications

  1. Noriyuki Yoshioka, Toru Takebayashi, Yuji Nishiwaki, Tetsuo Nomiyama, Satoko Iwasawa, Haruhiko Sakurai, Kazuyuki Omae. Changes of median nerve conduction velocity in rayon manufacturing workers: A six-year cohort study. J Occup Health. 2017; 59(2); 187-193.
  2. Grosse Y, Loomis D, Guyoton KZ, El Ghissassi F, Bonvard V, Bembrahim-Tallaa L, Mattock H, Straif K ; International Agency for Research on Cancer Monograph Working Group. Carcinogenicity of some industrial chemicals. Lancet Oncol. 2016 Apr; 17(4): 419-20. doi:10.1016/S1470-2045(16)00137-6. Epub 2016 Feb 24.
  3. Teruomi Tsukahara, Hiroaki Arai, Tomoko Kamijo, Yoshikiyo Kobayashi, Shinsuke Washizuka, Heihachiro Arito, Tetsuo Nomiyama. The Relationship between Attitudes toward Suicide and Family History of Suicide in Nagano Prefecture, Japan. Int J Environ Res Public Health. 2016 Jun 22; 13(6). pii: E623.
  4. Yoko Tsuda, Takao Otsuka, Teruomi Tsukahara, Tetsuo Nomiyama.Measurement of Fluoride in Human Urine by Headspace Gas Chromatography-Mass Spectrometer.Biomed Res Trace Elem. 2016; 27(1): 15-22.
  5. Aiko Hyakutake, Tomoko Kamijo, Yuka Misawa, Shinsuke Washizuka, Yuji Inaba, Teruomi Tsukahara and Tetsuo Nomiyama. Cross-sectional Observation of the Relationship of Depressive Symptoms with Lifestyles and Parents' Status among Japanese Junior High School Students. Environ Health Prev Med. 2016;21: 265-273.
  6. Teruomi Tsukahara, Hiroyuki Miyauchi, Daisuke Kuwada, Tomoko Kikuchi, Yoko Tsuda, Yukie Yanagiba, Heihachiro Arito and Tetsuo Nomiyama. Control Banding Assessment of Exposure of Offset Printing Workers to Organic solvents. J Occup Health. 2016; 58(3): 314-9.
  7. Teruomi Tsukahara, Hiroaki Arai, Tomoko Kamijo, Yoshikiyo Kobayashi, Shinsuke Washizuka, Heihachiro Arito and Tetsuo Nomiyama. Relationships between Suicidal Ideation and Psychosocial Factors among Residents Living in Nagano Prefecture of Japan. Environ Health Prev Med. 2016; 21: 164-172.

一覧へ戻る