信州大学HOME

  1. ホーム
  2. 信州大学医学部の魅力
  3. 先輩の声 保健学科

医学部・大学院医学系研究科の魅力

先輩の声 保健学科

充実した学びの日々

保健学科
看護学専攻 3年
小林 美沙季
出身校:長野県須坂高等学校

私は幼い頃からずっと助産師に憧れていたので、看護学専攻に進みました。信州大学を選んだ理由は、他大学と比較して助産師の育成人数がとても多く、母性看護や助産の講義が充実しているからです。現在、助産師コースに進み、同じ夢を持った仲間や信頼できる先生方と共に助産学を学ぶ時間が最高に楽しいです。
信州大学ではその他に保健師コースを選べたり、海外留学プログラムが豊富にあったりと、自分の興味ややる気次第でさまざまなことに挑戦できます。看護の勉強だけでなく一人ひとりの挑戦したい気持ちを後押ししてくれるところがとても魅力的です。
講義ではグループワークをたくさん行うので、自分の意見を述べる機会が増え、おのずと積極性や協調性が身につきます。自分だけでは考えつかないようなさまざまな視点を得ることができます。また講義で教わった内容をすぐに演習などで実践できるのも良いところです。座学だけではわからない新たな気づきがあり、より学びを深めることができます。
さらに一年次から病院実習を行うことができ、早くから臨床での経験を座学と結びつけられるので、とても貴重です。信州大学は学びやすい環境が整っていると実感することも多く、私はこの大学を選んで本当に良かったと思います。そんな信州大学で皆さんと共に学べることを楽しみにしています。

信州だからできること

保健学科
検査技術科学専攻 3年
青山 千夏
出身校:東京都立新宿高等学校

何でもいいから医療職に就きたい、という漠然とした夢しかなかった私が臨床検査技師を目指したのは、予防医療への関心からでした。早期発見・早期治療が謳われる現代医療の中で、一番近くで関われるのが臨床検査技師だと思い、この専攻を選びました。
1年時は他専攻と一緒に受ける専門科目や他学部と一緒に受ける一般教養科目が主ですが、2年生からは殆どが専攻ごとの授業になり、学年が上がるにつれて実習もどんどん増えていきます。実習では、講義を踏まえて実際に自分の手で分析を行うので、より理解を深めることができます。
大学の授業というと、大きな講義室を使ってひたすら先生の話を聞くというとイメージがあるかもしれませんが、信州大学の検査技術科学専攻では1学年が約40人と少人数なので、先生方が一人ひとりの顔を覚えてくださり、分からないことも質問しやすく、コミュニケーションをとりながら知識を深めることができます。
臨床検査技師は他の医療職に比べて患者さんと接することは少ないですが、それでもヒトの命に関わる大切な仕事です。専門性が高く大変なこともたくさんありますが、同期と助け合い、切磋琢磨しながら日々学んでいます。勉強だけでなく部活やサークル、バイトを両立して頑張れる環境が信州大学にはあります。長期休みにはBBQや花火、ウィンタースポーツなど、自然がいっぱいの信州での4年間は学業以外の面でも充実したものになることは間違いありません。皆さんのご入学をお待ちしています。

信州大学での日々

保健学科
理学療法学専攻4年
小幡 愛斗
出身校:愛知県立春日井高等学校

私はもともと「困っている人を助けたい」という思いから,医療職に憧れを持っていました。そんな中,患者さんと深く関わることが出来る「理学療法士」というリハビリテーションの専門職を知り,この職業に就きたいと思い,この専攻への入学を志望しました。
入学してから理学療法士が医療だけでなく,スポーツや福祉の分野でも活躍しているということを知り,ますますこの職業に魅力を感じました。信州大学では先生方から,各々の先生が専門とする分野について,ハイレベルな授業を受けることが出来ます。学年を重ねるにつれて,授業を通して学んだことが身についていくのを感じ,将来,理学療法士になる者としての自覚も生まれてきました。
同じ専攻の仲間は,それぞれが色々な夢や目標を持って勉学に励んでいて,とても刺激を受けることが出来ます。また,各学年20名ほどなので,仲も深まりやすいです。先輩や後輩との繋がりもあり,花見やBBQなどの行事も年に数回行われます。また,勉強のことや部活のこと,バイトのことなど不安なことがあれば先輩に相談することも出来ます。
学ぶことが多くて大変ですが,とても充実した日々を送れると思います。自然豊かなこの信州大学で皆さんとともに学べることを楽しみにしています。

充実した日々

保健学科
作業療法学専攻4年
小田切 みのり
出身校:長野県伊那北高等学校

作業療法士は,障害を抱えている方の生活や生きる喜びを支える仕事です。私は祖父が施設に入所した際に作業療法という職業を知り,患者さんの人生に密着した支援ができることに魅力を感じ,この専攻に入学しました。
作業療法士が治療を行う分野は身体障害領域に留まらず,精神障害領域・発達障害領域・老年期領域など幅広い活躍の場があります。学年の仲間にもそれぞれに支援したいと思う人がいて,どの領域も学んでいくたびに患者さんについて考えていくことができるのが楽しくなります。また,信州大学の精神科作業療法は全国の作業療法を専門としている大学の中でも牽引する存在となっており,大学院では高いレベルで研究が進められています。
保健学科では1年生から専門的な講義が多く,他専攻の学生と共に学んでいきます。作業療法学専攻では解剖実習や施設での実習もあり医療人としての心構えが日々養われていきます。各学年は20名程度であるため,同じ専攻の仲間と勉強したり励まし合ったりして,ともに充実した学生生活を送っています。また,先生方も学生のことを気に掛けてくださり,不安があっても周りの方々に相談しやすい環境になっています。この信州大学で皆さんと共に学べることを楽しみにしています。