診療案内

神経・発達

診療内容

神経・発達

小児の神経疾患や発達に関する疾患や障害の診療を行っています。
・急性脳炎・脳症や重症筋無力症などの炎症性神経疾患や自己免疫性神経疾患
・てんかんなどのけいれん性の疾患
・発達障がい(発達遅滞、自閉スペクトラム症、注意欠如多動性障がい、学習障がいなど)
・進行性筋ジストロフィーをはじめとする神経筋疾患
・睡眠時無呼吸症候群の診断と治療
・先天異常や先天感染症、代謝疾患などによる神経合併症など
 特に、てんかんの発作時脳波記録解析による治療選択、急性脳炎・脳症の脳モニタリング下集中治療、重症筋無力症等における血液浄化療法、ポリソムノグラフィー(PSG)を用いた検査、筋生検などを行っています。
 また、院内の子どものこころ診療部、遺伝子診療部、神経内科、耳鼻咽喉科、リハビリテーション科、および長野県立こども病院など、多領域・他施設との連携の中で、患者さんに一番適した診療を提供しています。

<診療・研究連携機関>
・長野県立こども病院神経小児科および長野県内の病院小児科、療育施設(診療連携、臨床研究、人事交流など)
・信州大学医学部附属病院子どものこころ診療部(発達障がい診療と研究)
・信州大学医学部附属病院遺伝子診療部(ID外来プロジェクト、DMDプロジェクト、PWSプロジェクト)
・信州大学医学部耳鼻咽喉科学教室(先天性CMV研究プロジェクト)
・信州大学医学部難病医学講座(DMDプロジェクト)
・信州大学医学部衛生学公衆衛生学教室(エコチル研究)
・信州てんかん診療ネットワーク
・久留米大学小児科(ミトコンドリア病に対するピルビン酸ナトリウム治療治験)

<ひとこと>
個性豊かなスタッフが協力し合って、子どもたちの脳を守り、発達を見守るための診療と研究に、日夜奮闘しています。一緒にがんばりましょう。

研究内容

○急性脳炎・脳症や重症筋無力症などの免疫性神経疾患におけるリンパ球分画、サイトカイン、神経障害バイオマーカー等の解析による、病態の解明と治療方法の開発
○発達障がいにおけるNIRS(近赤外線分光法)による脳機能解析に基づく病態評価、周産期障害による発達障がいリスクの解析、発達障がいの地域支援ネットワークに関する研究
○発達障がい、知的障害の遺伝医学的な原因検索
○筋ジストロフィー:筋ジストロフィーの新規治療と多職種ネットワークによる総合的診療モデルに関する研究
○先天性サイトメガロウィルス感染症の神経合併症の病態と治療に関する研究
○てんかんの発作時脳波解析による病態解析
○プラダーウィリー症候群の発達と呼吸に関する研究
○小児の発達に関する環境疫学研究(エコチル研究)における神経発達評価と予後因子の解析
○重症心身障害児・者の栄養管理に関する研究

スタッフ紹介

稲葉 雄二
本林 光雄
高附 充帆

協力スタッフ:
市川 元基(信州大学医学部保健学科)
柴 直子 (安曇野赤十字病院)
永春 幸子(伊那中央病院)
山内 翔子(浅間総合病院)
西岡 誠 (伊那中央病院)
新美 妙美