人文学部からのお知らせ

一般保護者卒業生受験生国際交流在学生地域広報研究者重要なお知らせ

2018年度第2回多文化交流サロン「中国の若者はいま何を考えているのか?~80后中国哲学研究者が語る等身大の中国~」のお知らせ

【本企画は、大好評のうちに終了いたしました。当日の様子につきましては、http://www.shinshu-u.ac.jp/faculty/arts/prof/hayasaka_1/2018/05/115943.phpをご覧ください。】



以下の要領で、本年度第2回多文化交流サロンが開催されます。ふるってご参加ください。


題目:「中国の若者はいま何を考えているのか?~80后中国哲学研究者が語る等身大の中国~」


講師:申緒璐先生(杭州師範大学副教授)
日時:5月25日(金)18:00~19:30
場所:人文ホール(信州大学松本キャンパス内)
言語:日本語


概要:1980年代生まれ世代「80后」―「中国を変える新人類」と称されたこともある彼らは、一体どういう人たちなのでしょう。自ら「80后」に属し、日々「90后」と接し続けている中国の大学教員に、中国の若者たちがいま何を考えているのか、その等身大の姿を紹介してもらいます。


講師の申緒璐先生は、九州大学に2度長期滞在したことのある日本通(坂本龍馬オタク)。大学で担当している共通教育では、専門の中国哲学よりも、日本史の授業のほうが大好評とのこと。


予約不要、入場無料。どなたでもご参加いただけます。


※講演に関する問い合わせは早坂(0263-37-3361、hayask[あっとまーく]shinshu-u.ac.jp)まで。
※この講演は人文学部の講義科目「異文化間コミュニケーション論I」の対象授業です。

杭州師範大学

トップページ お知らせ 2018年度第2回多文化交流サロン「中国の若者はいま何を考えているのか?~80后中国哲学研究者が語る等身大の中国~」のお知らせ

ページの先頭へもどる