人文学部からのお知らせ

入試卒業生受験生在学生

公認心理師に対する信州大学人文学部の対応について

1.平成30年度入学を希望する受験生の方へ


 信州大学人文学部(以下,本学部)では,平成30年度以降に入学の新入生について,「公認心理師法第7条第1号及び第2号に規定する公認心理師となるために必要な科目」への対応を行うための準備を進めています。そのため,平成30年度以降に本学部に入学する学生は入学後,2年次生への進級用件を満たした上で,心理学・社会心理学コースに進学し,所定の条件を満たした場合,公認心理師受験資格が得られるようにカリキュラム改訂を行う予定です。所定の条件とは,学部卒業後,①2年以上の実務経験を経るか,②公認心理師受験資格対応の大学院へ進学するか,のいずれかになります。


2.卒業生,在学生の方へ


 公認心理師法ではその附則において,受験資格取得の経過措置が定められています。本学部においても,この経過措置が適用できる卒業生・在学生について決定しましたので,ご案内いたします。
 本学部では,「公認心理師法附則第2条第1項第1号から第4号までに規定する公認心理師になるために必要な科目」(経過措置の基準に該当する学部及び大学院開設科目)に関わる信州大学人文学部(以後,本学部)の対応科目については,以下のとおりとします。


●大学院科目(経過措置の附則第2条第1項第1号及び第2号) ⇒ 対応しません


●学部科目(経過措置の附則第2条第1項第3号及び第4号) ⇒ 平成25年度改組以降によるカリキュラムが適用される平成25年度以降に入学し卒業した方,および在学生


 上記における本学部の対応科目とは,平成25年4月の学部改組によるカリキュラムが適用される年度(3年次編入学生においては平成27年度)以降,本学部に入学した方が,省令で定める科目として本学部で認定する修得済みの科目,もしくは現在,在学中で修得予定の科目(信州大学人文学部の専門科目)」のことです。
 該当する方はここからお問い合わせください。


※なお,公認心理師は個人で申請する資格ですので,受験資格を満たしているかどうかについて,本学部では判断いたしかねます。「厚生労働省ホームページ」の情報をご参照の上,ご自身でご判断くださるようお願いします。


◎厚生労働省ホームページ「公認心理師」
http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000116049.html

トップページ お知らせ 公認心理師に対する信州大学人文学部の対応について

ページの先頭へもどる