人文学部からのお知らせ

イベント一般国際交流在学生地域連携大学院就職広報

第3回多文化交流サロン:グローバル時代の考える力・伝え力:5年後の自分をデザインしよう

「伝え方、考え方の極意を伝授します!」


(画像は@TEDxTokyo Teachers 2012で大好評だった英語のプレゼンテーション)


2017年度6月の多文化交流サロン 6月29日(木)18時


「グローバル時代の考える力・伝え力:5年後の自分をデザインしよう」


というタイトルで、人文ホールにて開催されます。


講師は狩野みき先生(慶應義塾大学講師)です。


人文学部の菊池聡教授も読んでいるという「クリティカル・シンキング」に関する書籍を何冊も上梓されている、真性バイリンガルの先生です。


なんと全国大学生協書籍部売上1位となったスティーブン・E・ルーカス著『アメリカの大学生が学んでいる「伝え方」の教科書』の監訳者でもあります。


本講演の聴衆の皆様に、狩野みき先生からお願いがあります。


5年後、自分は何をしていたいか、をじっくり考えた上で


「5年後自分は○○している」という1文を作り、その1文を当日ご持参ください。


というものです。注意点としては


1) 「Ⅰ文」は必ず肯定文にすること

○「5年後自分は親の仕事を手伝っている」

x「5年後自分はニートにはなっていない」

2) 「Ⅰ文」は具体的に。

○「5年後自分は親の仕事を手伝っている」

x「5年後自分は幸せになっている」...「幸せ」という言葉が曖昧過ぎます。

3)「Ⅰ文」は複数の方向性を持たないように。1つに絞ること。

○「5年後自分は地元の大手企業に勤めている」

x「5年後自分は地元の大手企業に勤め、英語の勉強もしている」

ということも、狩野先生から与えられています。



世界で通用する「伝え方」って何だと思いますか?

将来、就職するときにも、絶対役に立つ、この講演を聞き逃すのはもったいなすぎる!


なお、狩野みき先生の著書は、講演に合わせて信大生協でも販売します。<br>




また、『東洋経済』オンラインでも、狩野みき先生のインタビュー記事が読めます。


(日本実業出版社, 2013)

全国大学生協書籍部売上ビジネス部門9週連続1位となった『アメリカの大学生が学んでいる「伝え方」の教科書』

トップページ お知らせ 第3回多文化交流サロン:グローバル時代の考える力・伝え力:5年後の自分をデザインしよう

ページの先頭へもどる