ケミカルバイオロジー研究室
大神田 淳子

分子認識化学を起点とする医薬・化学生物学

ケミカルバイオロジー(化学生物学)とは、化学の力を使って生物の 仕組みを解く学問です。私たちの体は生体分子で構成されていますので、生命の仕組みに関与する反応は分子 間の相互作用から始まり、化学の言葉(化学現象)で理解できると考えられます。私たちの研究室では生体反応のキープレーヤーであるたんぱく質に着目し、その相互作用を調節する人工合成分子を見出す研究に取り組んでいます。たんぱく質の立体構造に基づいた分子設計を行い、有機合成から 細胞生物学までの技術を駆使して新しい生理活性分子を創出します。