分子細胞微生物学
細見昭

酵母を用いた真核細胞内のタンパク質輸送及び分解機構の解明と応用

真核生物は原核生物に比べて複雑な細胞内構造を有しています。タンパク質がその複雑な内部を通り目的地に正しく輸送される事は真核細胞の正常な機能に重要です。また、タンパク質は正しく作られなければ機能を発揮しません。しかしながら、全てのタンパク質が正しく作られるわけではありません。このような"異常"タンパク質を分解する機構もまた真核細胞の正常な機能に重要です。本研究室では、真核生物のモデルである酵母を用いて、タンパク質がどのように輸送及び分解されるのかを調べています。

研究紹介(デジタルパンフ)