食品化学研究室
三谷塁一

生活習慣病に対する食品成分の分子機構の解明

肥満や生活習慣病は本人だけでな く、子や孫にまで引き継がれることが明らかとなっていることから、次世代の健康を考える上で、青年、中高年で増加する肥満や脂質代謝異常を改善することは 非常に重要な研究分野です。肥満や生活習慣病をはじめとする疾患では、内部環境因子(ホルモンなど)だけでなく外部環境因子(食品成分など)によ る影響が大きいことから、食品成分による疾病の予防、改善が広く研究されていますが、その分子機構には不明な点が多く残っています。食品化学研究 室では、上記の疾病に対する食品成分の機能と、その機能を発揮する際のトリガー(標的分子)を同定することを研究しています。

研究紹介(デジタルパンフ)