ゲノム進化学研究室
鈴木俊介

エピゲノム解析による遺伝子発現制御機構の解明と応用

鈴木研究室の興味は、類人猿の共通祖先からヒトへの進化の過程でおきた、どのようなゲノム変化が、ヒトに特有の遺伝子制御をもたらしたのか?そして、その代償(進化のトレードオフ)として、それらが癌などのヒトに多い疾患のリスクの増大にどのように関与しているのか?という点にあります。鈴木研究室では、レトロ因子とよばれる、自身のDNA配列をゲノムのある場所から別の場所へと移動させることのできる"動く遺伝因子"に着目し、ヒトのみで動いたレトロ因子と、ヒトの遺伝子制御の進化および疾患とのつながりを研究しています。

研究紹介(デジタルパンフ)