流域保全学研究室
福山泰治郎

流域の土砂流出の現状把握と土砂流亡履歴の長期的評価

土砂の生産や流出が活発なわが国では、崩壊や土石流などの土砂災害が毎年のように発生しています。私たちの生活や環境を保全するには、土砂災害を予知・予測することがとても大切です。そのためには、土砂生産・流出メカニズムや、斜面の安定に関与する降水の浸透・流出過程を明らかにすることが重要です。流域保全学研究室では、土砂災害対策や流域環境の保全の観点から、山岳地域での土砂生産・流出メカニズムや降水の浸透・流出過程の解明にフィールドワークを通して取り組んでいます。

研究紹介(デジタルパンフ)