治山学研究室
小野裕

山地森林地帯における水土保全

治山学研究室では、アルプスなど山地を対象に、森林の持つ自然災害の防止、水資源のかん養(緑のダム)、生活環境の保全、保健休養など様々な公益的機能について教育研究しています。また、土砂災害のない安全で快適な生活を実現するために、渓流水や土砂の動きの解明とその管理方法、および森林を使った災害軽減手法について教育研究しています。

研究紹介(デジタルパンフ)