野生資源植物学研究室
荒瀬輝夫

野生資源植物の分類地理・生態・評価

野生資源植物学研究室は、農場・演習林フィールドを管轄する研究室の一つで、農場・演習林の双方にまたがり組織の壁を超えて活動しています。カリキュラム上、森林科学科関連の研究室として扱われています。
食用・薬用・緑化(植生回復)など「野生植物を資源として活かす視点」が他の研究室と全く異なります。そのための基礎として、植物の分類地理・生態の把握と特性の評価に取り組んでいます。鳥獣害や種子散布者としての位置づけで鳥類も研究対象としています。常に農学を意識し、広い視野で問題に取り組むため、普段から他研究室と連携していることも大きな特色です。

研究紹介(デジタルパンフ)