動物生殖学研究室
高木優二

哺乳動物における生殖現象の解明と人為制御

マウスをはじめブタやウシなどの哺乳動物の生殖・繁殖に関する研究を行っている。特に、精子のもとになる細胞である精原幹細胞 (spermatogonial stem cell)のように多能性・多分化能を維持した細胞に関心があり、これらの細胞を用いた研究を進めている。また、受精卵、未受精卵子のガラス化保存ならびに非凍結低温保存技術および精子の保存技術の開発も行っている。

研究紹介(デジタルパンフ)