研究開発運用部門

niimura.png

利用者に近い目線で教育支援を

新村 正明
研究開発運用部門長

 2016年4月より研究開発運用部門長を仰せつかっております新村でございます。本籍は工学部の併任ですが、できるだけ利用者である学生・教職員の皆様方のお役に立てるよう努力する所存ですので、よろしくお願いいたします。
 ソフトウェア開発手法にDevOpsという用語があります。開発(Development)と運用(Operations)を組み合わせた造語で、開発と運用が連携する開発手法のことを示し、Facebookやクックパッドなどで採用されているそうです。もちろんeALPSは、このような大規模サービスではありませんが、研究開発運用部門の名前のとおり、学生・教職員にとって利便性の高いシステムになるよう、開発と運用を通して、より良いサービスを提供していくことを目指してまいります。

【eALPSの構成】図1.jpg
 現在、皆様に授業等でお使いいただいておりますシステムは、LMS(Learning Management System)と呼ばれるもので、Moodleというオープンソースソフトウェアを使用しております。
 eALPSは、このMoodleのほか、認証、時間割表示、キャンパス情報システムなどとの連携など複数のシステムから構成されております(図1)。このうち認証には、電子ジャーナルに学外からアクセスするための仕組み「学認」と同じ Shibbolethというオープンソースソフトウェアを使用しております。また、時間割表示やキャンパス情報システムなどとの連携の部分(ADB)は、独自に開発を行っております。
 eALPSを構成する大半のシステムは、多くの大学で導入されているものであり、多く運用実績があります。これらの大学との情報交換から、より使いやすいシステムを目指して改善を行ってまいります。

【Moodleのバージョンアップ】
 皆様に授業等でお使いいただいておりますMoodleですが、来年度用からバージョンアップを予定しております。
 現在、お使いいただいておりますMoodleのバージョンは2.7ですが、2016年5月に次期安定バージョンである3.1がリリースされました。そこで来年度から、この3.1を導入いたします。現在、検証を行っておりますが、内部処理は大幅な変更があるものの、みなさまから見たユーザインターフェースには大きな変更はないようです。
 9月頃には、お試し用のサイトを公開する予定です。詳細はあらためてご連絡いたしますが、是非、新しいMoodleを早めにお試しください。

【Learning Analyticsにむけて】
 PLAN the N・E・X・T の「教育に関する目標」の達成手段に、アクティブ・ラーニングの推進と教学関連データの分析があります。e-Learningは、これらの実現手段として非常に有効なものです。特にe-Learningシステムの利用状況から学生の学修状態を調査・分析するLearning Analyticsが広く行われるようになってきております。そこで、eALPSの利便性の向上と安定的運用から、多くの科目で使用していただけるようにすると共に、履修状況などの学修支援に必要な情報収集・分析にも取り組んでまいります。

2016年6月

yabe.png

利用者に近い目線で教育支援を

矢部 正之
研究開発運用部門長

 2012年4月より、研究開発運用部門長を仰せつかっております矢部でございます。本籍は高等教育研究センターの併任ですが、できるだけ利用者である学生・教職員の皆様方のお役に立てるよう努力する所存ですので、よろしくお願いいたします。
 信州大学は、e-LearningをはじめとするICT(情報通信技術)による教育支援に関して、国内では先進的な取組を行ってまいりました。多くのコンテンツ開発、教育機会の拡大に大きな効果を発揮した2004年度採択文部科学省現代GP「信州大学発"学び"のビッグバンプロジェクト」や、ICTを利用して教育の質保証の効率的な実現を図る2006年度採択文部科学省現代GP「自ら学び,学び続ける人材育成の基盤形成」などでその成果を学内外に示しております。また、更新された遠隔講義システム(新SUNS)やこれらを基盤とした長野県内大学連携(高等教育コンソーシアム信州)などとも連関して、多様な発展を遂げてまいりました。
 今やICTを利用した教育支援システムは、本学の教育とその質保証に重要な役割を持つようになって来たといっても過言でないかと存じます。このようなシステムについて、私が担当させていただきます研究開発運用部門では、"eALPS"を中核とするICTを利用した教育支援システムの安定運用に努めるとともに、これらシステムに求められる機能やそれによって得られる教育成果に関する調査研究を行い、必要な機能の開発を行っております。その中で、学生・教職員にとって利便性の高いシステムになるよう継続的に見直し、より良いサービスを提供していくことを目指しております。さらにシステム運用経費の節減と迅速な保守管理といった二律背反の課題およびセキュリティー管理や全学の情報システムとの連携についても適切な対応ができるよう努力しております。
 教育に欠かせないシステムとなったこのシステムは、多くの利用者から、容易に使えて、教育成果を上げられるようになることを期待されてきております。それに応えるため、研究開発運用部門の担当である安定運用とシステム開発にとどまらず、ICT活用支援部門はもとより学内の教育支援に関わる他部局・センター等とも協力して、利用者に近い目線で、より効果的かつ効率的な教育支援ができるよう、努力してまいりたいと存じます。利用者の方々のご意見を伺いながら、またその成果を共有しながら、充実したサービスを提供できるよう努力いたしますので、ご協力のほどよろしくお願いいたします。

2012年5月

更新日: