• 受験生の方へ
  • 医療職者の方へ
  • 企業団体の方へ
  • 修了生の方へ
  • 地域の方へ
  • 在学生の方へ

研究科概要

研究内容の概略

修士課程

医科学専攻

本課程はヒューマンサイエンスに裏付けられた、高度に専門化した知識と技術が融合した医科学分野の研究・教育者並びに高度医療職業人を養成することを目的としています。

本課程には様々な学部を卒業された方々が入学してきます。それらの方々の各専門分野の知識、技術を基盤として医学の基礎、臨床分野の知識や技術を組み合わせることにより、これからの医学/医療の発展、新たな領域への展開、新規医療機器開発や産業の育成にリーダーシップを発揮できるような研究者、博士課程の進学も含めて高度医療専門家の育成に務めています。

こうした教育理念のもと、基礎医学、臨床医学について、社会に広く貢献できる可能性を秘めた研究を展開しています。

保健学専攻(博士前期課程)【2年制】

本課程は、科学的根拠に基づいた保健・医療・福祉分野の専門的知識・技術の確立と、高い倫理観のもとにこれらを提供できる高度専門保健医療職者の育成を目指して、3つの分野で構成されています。

  1. 看護学分野:看護教育、母子看護、地域・在宅看護、国際看護の教育研究が行われ、看護理論の追求と看護実践ができる人材を育成します。さらに母子看護、在宅看護では専門看護師(CNS)の養成コースが開設されています。
  2. 検査技術科学分野:分子レベルから臓器レベルまでの高度な知識と技術をもとに、生体や生体を取り巻く環境に由来する病因病態の新たな検査技術、医療機器、医薬品の開発にも役立つ教育研究が進んでいます。
  3. 理学・作業療法学分野:理学療法、作業療法領域及び両者の基盤となる機能障害領域で基礎から臨床にわたる教育・研究が行われています。また各分野で国際的に活躍できる人材の育成も目指しています。

博士課程

医学系専攻

本専攻は、1)国際的な視野に立ち、自ら独創性の高い医科学研究を遂行、指導できる教育・研究指導者を養成すること、並びに、2)高度な医科学を修め、優れた臨床診療能力と研究能力を兼ね備えた地域医療リーダーを養成することを目的とします。本専攻では、この目的を達成するために、本専攻に備わる基礎医学的・臨床医学的教育資源を存分に活用し、multidisciplinaryな研究を推進します。また本専攻は、広汎な医学領域全般で、高度な創造的研究のみならず、医科学を疾患の予防・診断・治療に応用するトランスレーショナルリサーチも推進します。

疾患予防医科学系専攻(独立専攻)

高齢社会における包括的予防・医療の充実と進展は時代の要請であり、包括的で広範な学問領域の研究を行います。研究目標は「分子細胞機能やヒト高次機能の可塑性、すなわち、先天的形質の後天的制御によって、健康を増進させる為の遺伝子・環境要因を解明する事」であります。分子レベルでは核酸から蛋白質、脂質、糖鎖、病態面では加齢病態、脳神経病態、腫瘍、肝臓などの代謝系、循環呼吸器系、消化器病態、骨筋肉系病態を対象とします。また、スポーツ医科学を中心とする予防医学実践チームを軸とし、熟年体育大学、先端予防医療センターとの連携プロジェクトが推進されます。

具体的には、分子細胞制御学、個体機能制御学、そして健康促進学部門(長寿医療研究センター;信州大教育学部による連携・協力)のそれぞれが、種々の疾患(アミロイドーシス、神経疾患、腫瘍、糖尿病、メタボリックシンドローム、内分泌疾患、肥満、認知症、骨代謝病、循環障害等)に対して分子・個体レベルでの理解を深め、治療の開発を目指します。特に、スポーツ医科学分野による運動処方の研究で、新規予防処方箋の創出とQOLの増進を追及します。また、連携・協力部門では老化制御や教育心理の研究で"高齢者医療とからだ"と"こころ"の健康を俯瞰的視野を持って追求します。

保健学専攻(博士後期課程)【3年制】

本課程では、人々の健康の維持・増進、疾病・障害の予防について、人の出生から老年期に至るまでのライフステージに対応した保健学研究を展開することによって、人の生涯にわたる保健を支援することを目的とした生涯保健学としての学問・研究基盤の確立を目指しています。

本課程は生涯保健学分野(3領域)と医療生命科学分野(1領域)の2分野4領域で構成されており、これらが共通目標を掲げて連携・協動することにより、保健学研究の発展を目指すことを特徴としています。

研究科概要

メニュー