• 受験生の方へ
  • 医療職者の方へ
  • 企業団体の方へ
  • 修了生の方へ
  • 地域の方へ
  • 在学生の方へ

研究科概要

アドミッション・ポリシー

医科学専攻(修士課程)

医学系研究科修士課程(医科学専攻)は、医科学に関する幅広い知識を体系的、集中的に教育することにより、ヒューマンサイエンスに裏付けられた高度に専門化した知識と技術を結びつけた医科学分野の研究・教育者並びに高度専門技術者を養成することを目的とします。

医科学専攻では、本専攻の目的を達成するために、
1. 21世紀の医学を支える研究者
2. 高度の専門性を有する医療職業人
3. 医療・福祉・介護・看護分野の行政官
4. 健康教育を担う教育者を目指し、それにふさわしい情熱と基礎学力を持つ人
を求めています。

上記に掲げた素養を持つ学生を選抜するために、次のような入試を行います。
・「外国語(英語)」で最新の医科学英語論文を読み解く力を評価します。
・「小論文」及び「面接」で総合的に医科学研究に対する興味と情熱を評価します。

保健学専攻(博士前期課程)

【教育・研究の理念】
医学系研究科(博士前期課程)保健学専攻は、高い倫理観と豊かな人間性を有し、高度な専門的知識・技術と、科学的根拠に基づく臨床問題解決能力、国際的な視野を持つ高度専門保健医療職者を育成することを基本理念とします。
精神的・身体的・社会的な側面から人間を全人的な存在としてとらえ、保健・医療・福祉に関する教育・研究の成果を社会に還元することにより、健康保持と疾病や障害の予防・治療、医療安全に広く貢献し、人類の幸福と福祉の向上に寄与する保健学を構築します。

【教育・研究上の目標】
1. 高い倫理観と専門的知識や技術、科学的根拠に基づく臨床問題解決能力などの高度な実践能力を備えた人材を育成します。
2. 保健・医療・福祉の現場において研究を推進できる人材を育成します。
3. 国際的な共同研究や活動に参画できる人材を育成します。
4. 保健・医療・福祉の実践現場で働く有職者の研究活動を活性化します。

【入学者受入方針】
医学系研究科(博士前期課程)保健学専攻では、以下のような学生を求めます。
1. 高い倫理観と豊かな人間性を有し、人類の幸福と福祉の向上に熱意のある人
2. 科学的思考による問題解決能力を有し、国際的視野で物事を考えることができる人
3. 高度専門職業人として、地域社会の保健・医療・福祉に貢献する意欲のある人
4. 保健・医療・福祉の領域において、指導的役割を担う意欲のある人
5. 将来、保健学における教育者・研究者を志望する基礎学力と熱意のある人

 

医学系専攻(博士課程)

人類の福祉と医学の発展をたえず視点におき、医科学の真理の深奥を究め、基礎・臨床医学の枠を超えた医学研究を行い、世界を先導するような創造的研究・トランスレーショナルリサーチを実施する医学研究者、移植医療、再生医療、遺伝子医療など先端医療を科学的基盤に基づいて実践する医学研究者及び高度医療職業人を育成することを目的とします。

医学系専攻では、本専攻の目的の下に、
1. 医学の基礎的あるいは臨床的研究に情熱をもって取り組む人
2. 世界をリードする最先端の研究を目指す意欲をもっている人
3. 医学研究のための広汎で高い基礎学力、見識を身につけた社会人
4. 研究のグローバルな展開・発信の基礎を成す外国語の能力を有する人
を求めています。

疾患予防医科学系専攻(博士課程)

ヒト生命の本質を把握すべく遺伝子(ゲノム)レベルから個体、社会レベルまで総合的解析を行い、ヒトの基礎的生命現象と疾病機序の理解に基づいて、疾病予防及び制御と健康づくりを目指す包括的予防医科学領域を開拓することを目的とします。

疾患予防医科学系専攻では、本専攻の目的の下に、
1. ヒトの発生・発達・老化などの基礎的生命現象に基づいた諸疾患の病態と予防について先端的知見、俯瞰的理解とそれらの応用に興味を有する人
2. 基礎生命科学・疾患病態学・予防医科学分野の研究を遂行するための情報収集・分析能力と実験技術を習得する意欲と基礎力を有する人
3. 研究のグローバルな展開・発信の基礎を成す外国語の能力を有する人
を求めています。

保健学専攻(博士後期課程)

【教育・研究の理念】
保健学は、人間を精神的、身体的、社会的な側面から全人的な存在としてとらえ、人々の健康、疾病及び障害について探求する学問です。このため、医療に直接関係する内容だけでなく、社会学、倫理学などを応用し、個人並びに集団の健康を学際的に探求する学問です。
医学系研究科(博士後期課程)保健学専攻では、このような学際的な保健学の領域における教育・研究を通して、その成果を社会に還元し、人々の健康支援を行い、積極的に疾病の予防を推進することにより、人類の健康と福祉に貢献することを基本理念とします。

【教育・研究上の目標】
1. 保健学の学問体系の確立と発展に寄与し、学際的研究を積極的に推進することにより、世界に向けてその成果を発信できる人材を養成します。
2. 保健・医療・福祉の分野の教育を行う大学あるいは大学院における教育・研究指導に貢献できる教育・研究者を養成します。
3. 保健・医療・福祉の現場において、高い倫理感と高度な専門知識に基づいた実践能力を持ち、指導的・専門的立場から課題を見つけ、自立的な研究を行うことができる人材を養成します。
4. 保健医療職者に対して、根拠に基づく実践( Evidence-based Practice )の概念に則ったエビデンスを構築するための質の高い臨床研究方法に関する指導を実践することができる人材を養成します。

【入学者受入方針】
医学系研究科(博士後期課程)保健学専攻では、以下のような学生を求めます。
1. 保健学の領域において、科学的・倫理的な思考に基づいて独創的かつ実践的な研究を遂行することに意欲のある人
2. 保健・医療・福祉の分野の教育を行う大学あるいは大学院における教育・研究指導に意欲のある人
3. 保健・医療・福祉の現場において、高い倫理感と高度な専門知識に基づいた実践能力を持ち、指導的・専門的立場から課題を見つけ、自立的な研究を行うことに意欲のある人
4. 保健医療職者に対して、根拠に基づく実践( Evidence-based Practice )の概念に則ったエビデンスを構築するための質の高い臨床研究方法に関する指導を実践することに意欲のある人

研究科概要

メニュー