• 受験生の方へ
  • 医療職者の方へ
  • 企業団体の方へ
  • 修了生の方へ
  • 地域の方へ
  • 在学生の方へ

研究科概要

カリキュラム・ポリシー

保健学専攻(博士前期課程)

医学系研究科(博士前期課程)保健学専攻では、高度医療専門職者に必要な保健、医療、福祉に関する専門的知識と高い倫理観、学際的な視野に基づく実践および研究手法を修得し、根拠に基づいた臨床実践と研究活動が展開できるようカリキュラムを編成します。
看護学分野、検査技術科学分野、理学・作業療法学分野の共通科目として、医療倫理、研究法、臨床判断解析学、国際保健論等を開講し、医学系諸科学における知識と情報収集能力、分析能力を高め、研究技法を修得します。
研究の遂行は、各分野・領域の専門科目として開講される「特論」「演習」「特別研究」を通して行われ、また、関連する学会や研修会等に参加し先端情報を収集します。 研究成果は、学位論文として公表され、厳格かつ透明な審査体制により論文が審査されます。

保健学専攻(博士後期課程)

医学系研究科(博士後期課程)保健学専攻では、高度医療専門職者に必要とされる保健、医療、福祉に関する高度な専門的知識、実践および研究手法、倫理観と高い専門性、学際的な視野を修得し、根拠に基づいた実践( Evidence-based Practice )と研究が展開できるようカリキュラムを編成します。
共通科目として保健・医療・福祉連携論と生涯保健学研究法を開講し、生涯にわたり人々の健康を維持増進するための研究を推進します。研究の遂行は、各分野・領域の専門科目として開講される「特論」「演習」「特別研究」における指導教員による個別指導と、関連学会や研究会での成果報告により行われます。また、研究成果は、学位論文として公表され、論文は厳格かつ透明な審査体制により審査されます。
これらの学習を通して、保健・医療・福祉分野の教育と研究を担う人材を養成します。

 

研究科概要

メニュー