信州大学HOME

facebookenglish

Menu

研究トピックス

研究トピックス

ヒト・生物に学び、構想・設計・製作・制御!

河村研究室では、様々なメカニズムの研究をベースとして、ヒトや生き物の持つスキル (感覚を駆使して必要な動作を上手に行う能力) をロボットで実現する研究をしています。たとえば、氷上のチェスといわれるカーリングを行うロボットの研究では、ストーンのコントロールができるメカニズムのほかに、戦略を司る知能部分の研究もしています。近い将来人間チームと戦うことを目指しています。他にも人間が上手にできる手紡ぎ動作をロボットで実現したり、日常生活の動作をサポートするトレーニング/リハビリ機器を開発したり、空を自由に飛ぶトンボ型ロボットのメカニズムと制御も研究しています。

 

(写真説明)カーリングロボ (左上)、打合せ (中上)、ミニガラ紡 (右)、リハビリ機 (左下)、工場見学 (中)、トンボロボ (中下)