信州大学HOME

facebookenglish

Menu

教員一覧

未来を拓く機能性ナノ材料

浅尾 直樹
教員氏名
浅尾 直樹
職名
教授
所属
化学・材料学科 応用分子化学コース
SOAR
研究者総覧(SOAR)を見る

研究紹介

社会に役立つ新しい材料を求めて 未来を拓く機能性ナノ材料

浅尾研究室では、材料科学と物質変換学の融合をテーマに、エネルギー問題や環境問題に対応できる新しい機能性材料の開発を目指して研究を行っています。特に最近は、脱合金化手法を取り入れた金属酸化物ナノ材料の新しい作製法の開発に成功しました。この新しい方法を用いることにより、極めて微細な構造から成る様々なナノワイヤやナノロッドを簡単に作ることができるようになりました。更に、これらナノ材料は特異な微細構造を持つことから、自動車排ガスの浄化助触媒や光触媒、イオン吸着機能など様々な特性を発現することが明らかとなり、基礎から応用まで幅の広い研究を行っています。

 

 
(左)チタン酸ナトリウムナノワイヤの電子顕微鏡像
(右)酸化セリウムナノロッドの電子顕微鏡像
  ナノ多孔質金触媒を用いた物質変換反応

 

≪研究から広がる未来≫


金属酸化物は様々な特性を持つことから、色々な分野で広く利用されている重要な材料です。またそれらをナノ材料化すると、バルクとは異なる新たな機能性を引き出すことができます。ナノ材料化には既に様々な方法が知られていますが、既存の方法にとらわれない新たな作製法を開発してサイズや形態を制御することで、社会に役立つ優れた機能性材料の開発を研究していきたいと考えています。