信州大学HOME

facebookenglish

Menu

教員一覧

快適性、機能性を持つテキスタイル

教員氏名
朱 春紅
職名
助教
所属
先進繊維・感性工学科 先進繊維工学コース
研究分野

繊維工学、紡織工学、3Dテキスタイル

研究課題

テキスタイルの温熱・水分移動
テキスタイルアンテナの開発
3Dテキスタイルの応用

出身校
信州大学
SOAR
研究者総覧(SOAR)を見る
一言コメント

伝統的なテキスタイルの技術を受け継ぎ、活用して、新たな分野でテキスタイルの魅力を引き出します。たとえば、送受信できるテキスタイルアンテナの開発やそれを人体への応用などの研究です。

研究紹介

製布工学によるテキスタイルの応用開発

テキスタイルというものは衣服だけではなく、様々な分野で使われています。本研究室は平成27年度に発足した新しい研究室で、テキスタイルの設計や加工処理を行うことで、新たな機能を付与するテキスタイルの開発に関する研究を取り組んでいます。皆様が使っている携帯に内蔵するGPSアンテナは、アパレル用繊維で開発し、衣服に組み込むことで、民間用非侵襲的所在地の探測に着目し研究を進めています。また、温度センサー技術を融合したテキスタイルの開発や三次元テキスタイルの設計についても研究を行っています。

 

 
GPS用テキスタイルアンテナの構造、設計及び実物   (左)現代技術を用いた宋錦織物の開発及び応用例
(右)熱電対織物:温度センサー技術をテキスタイルへの応用

 

≪研究から広がる未来≫


民間用テキスタイルアンテナは、テキスタイル製布技術を用いて、電子通信分野等新たな技術と融合し、製布技術の新たな発展に結びつくと考えています。また、特殊構造の3Dテキスタイルの製織技術の開発やテキスタイルセンサーの開発を行うことで、より一層テキスタイルの応用を広げ、福祉、医療、建築などの分野で役に立つと思っています。