航空機装備品プロジェクト概要

航空機産業は大きな世界的市場があるにもかかわらず、未開拓の部分が多くあります。その一つが「航空機装備品」すなわち「航空機システム」と呼ばれる分野です。南信州・飯田地域では航空機産業特区の指定を受け、地域企業を中心として技術開発を進めていますが、この地方創生活動をより加速化させるために飯田に「知の拠点」を形成することとなりました。この「知の拠点」においての高度人材育成の中心的役割を担うこと目的とし「信州大学航空機システム共同研究講座コンソーシアム」が設立され、航空機システム共同研究講座の設置を要請されました。航空機システム共同研究講座においては、人材育成活動が中心となりますが、本センターの航空システム部門とも密に連携し航空機装備品の新たな開発に関わるプロジェクトを進めていきます。

主なプロジェクト

補助燃料タンクシステム
航空機の航続距離を延ばすために搭載燃料量を増槽するシステムです。多摩川精機(株)などと協働して補助燃料タンクシステムの基本設計・試作・評価を実施する予定です。

GPS/INS複合航法システム
GPSとINS(慣性航法システム:INU、IRU)を複合し、欠点を補完しあう航法システムを開発中です。

次世代高効率パワーエレクトロニクスの基盤技術開発
航空宇宙システムへの適用も有望視されている高効率・小型軽量電源システムの先導研究を実施中です。

新着情報