航空機システム部門の概要

航空機産業は、自動車産業分野などと比べると現時点での市場規模は大きくはありませんが、高い成長性と安定した受注が見込まれる分野であるといわれています。航空機分野において求められる高度な品質基準をクリアできる商品を市場に送り出すことができる企業は、技術力・品質保証の面においてアピールでき外部からの評価の向上・新たな受注へとつながることが期待されていますが、その産業基盤はまだ十分整備されているとはいえない状況にあります。このような状況から国(関係7省庁をはじめとする関係機関)は、基幹産業化に向けた航空ビジネス戦略に関する関係省庁会議や「航空産業ビジョン」を策定(平成27年12月)し連携支援を開始し始めました。

長野県では、上記ビジョンの制定以前より飯田・下伊那地域が中部5県が取り組む国際戦略特区「アジアNo.1航空宇宙産業クラスター形成特区」に指定されており、部品単体のを生産・販売するビジネスから装備品モジュールシステムを作成し、航空機メーカーに直接供給する(Tier1)企業を目指し、地域が一丸となって活発に技術開発活動を行っております。

本センターの航空機システム部門では、以前より社会人教育講座を開講し人材育成支援を行っている飯田・下伊那地域に新たな拠点を構え、信州大学の教員の保有する要素技術を結集し、また、地元企業や関連技術を有する企業等と連携して、航空機システム(航空機装備品)の高度化や付加価値化、モジュール化するための研究開発を行うことといたしました。 さらに、研究活動と並行して人材育成を目的とした「航空機システム共同研究講座」を開講し、大学院生を主な対象とした教育活動も実施しています。

主な取り組み

・補助燃料タンクシステムに関する研究・技術開発
・GPS/INS複合航法システムに関する研究・技術開発
・実機飛行を通した航空実践教育

スタッフ

             
氏名 所属・職位
部門長
柳原 正明
教授
〔航空力学〕
副部門長
菊池 良巳
教授
〔アクチュエータ工学〕
樽田 誠一 工学系教授〔セラミックス材料〕
松原 雅春 工学系教授〔流体工学〕
辺見 信彦 工学系教授〔精密工学〕
亀山 正樹 工学系准教授〔機械材料・材料力学・航空宇宙工学〕
倪 慶清 繊維学系教授〔複合材料工学〕
清水 茂 特任教授〔構造力学〕
徳武 文雄
参事(事務担当)
コーディネーター
篠崎 厚志
飯田駐在コーディネータ(事務担当)
今木 志穂
飯田駐在事務補佐員(事務担当)

※今後、競争的資金、受託・共同研究など新規のプロジェクトごとに、学内公募して協力教員の参画を得ます。