PROJECT

プロジェクト活動

当センターではテーマごとに各部門が、部門間や産学官連携でコンソーシアムをたちあげ、フレキシブルに動くプロジェクトチームを編成し、研究を進めています。

ここではその一例として軽井沢寄附講座の様子をご紹介します。

軽井沢寄附講座

軽井沢町は、地域特有の問題が山積しており、地域の特性に合わせた課題解決が求められています。 とくに、医療面では軽井沢病院は、多くの問題を抱えています。 軽井沢病院が地域ニーズに応える使命を果たすためには、①的確に地域ニーズを分析すること、②そのニーズに応えるための医療体制を整えること、が求められます。 とくに②については、学術的なネットワークが十分に整っていないため、若手医師がキャリアップする環境がなく、地域ニーズを分析して応える担い手たる医師不足を招いているのが現状です。 そこで、軽井沢において、医学・法学諸科学の先端研究を推進して、安全な医療を提供する仕組みを構築することを目的とし、研究活動しています。

軽井沢プロジェクト

地域医療は様々な問題を抱えており、日本では地域の医師不足が深刻になっています。 本プロジェクトは、信州大学、東京大学先端科学技術研究センター、軽井沢町の包括連携協定に基づいて、医学だけではなく、法学、経済学等の社会科学分野と連携して、「医師が働きたい」病院づくりを目指して、志の高い医師たちと共同して、地域づくりの中心となる病院のモデルを作ることを目的とし、取り組んでいます。 また、リサーチクリニカルフェロー(特任教員)として参加していただける方を募集しております。 詳細は下記リンクよりご確認ください。

HOME
ABOUT US
PROJECT
EVENT
MEMBER
CONTACT
ACCESS