信州大学HOME 交通・キャンパス案内

  1. HOME
  2. 高等教育研究センターとは
  3. 活動の概要

活動の概要

高等教育研究センターでは、センター規程に示されている業務内容

1.大学教育に関する研究及び教育手法の開発
2.大学教育の質保証に係る施策の企画
3.教学関連の中期計画に進捗状況の把握及び計画実施の支援
4.教学関連の大学情報戦略及び評価対応のデータ集積
5.全学的なFDの企画と各部局におけるFDの実施支援
6.本学が加盟する高等教育コンソーシアム信州における教育活動の推進

と、その他、本センターの目的を達成するために下記のような様々な業務を行っています。

高等教育に関する調査研究開発

大学教育に関する調査研究及び教育手法の開発を行っています。
主として

1)高等教育研究
2)国内外高等教育機関の教育パフォーマンス調査

などセンター業務に係る調査研究を実施するとともに、センター員の専門領域での研究を活かす形で本業務を進めています。これに関する研究対象はそれぞれ、
・ICTを利用した教育の質保証
・大学教育戦略と大学評価
・初年次教育と大学制度
・大学職員の職能開発(SD、FDなど)
です。

教育の質保証に向けた支援

大学教育の質保証に係る施策に関する調査研究とそれ基づく実施向けた企画と支援を行っています。
大学や学生を取巻く環境の変化に応え、教育の質を確保するために各教員・各部局が実施する取組に向けて、情報や資源の提供等を行います。

教学関連の中期計画に進捗状況の把握及び計画実施の支援

本学の中期計画実施について、教学関係の目標・計画遂行への支援を行っています。
具体的には、年3回中期目標計画実施単位(各部局、センター等)ごとに懇談会を開催して、進捗状況を把握するとともに、計画遂行に向けた意見交換を行っています。

教学関連のIRなど、評価対応のデータ集積・分析とその調査研究

教学関連の大学情報戦略の策定とそれに基づく評価対応のデータ集積に向けた調査研究を行い、その実施に向けた準備を行っています。
具体的には、教学関連のデータの所在および管理に関する情報、教学関連のアンケート等調査の実施状況を、全学的に正確に把握し、今後の大学情報戦略を検討し、関係部署との調整を行い具体的な施策を検討します。並行して、初年次学生調査などの調査活動を試行的に始めています。

大学教育の改革・改善に向けた職員の能力開発

全学的なFDの企画と各部局におけるFDの実施支援など、大学教育を支える教員・職員の能力開発に関する調査研究とそれに基づく研修プログラムの実施と支援を行っています。
主として教員を対象とするファカルティ・デベロップメント(FDまたはASD)および主として事務職員・技術職員を対象とするスタッフ・デベロップメント(SD)に取組んでいます。
全学的FD企画として2011年度は、年1回のFDカンファレンス(うち1回は、新任教員FD合宿と兼ねる)、年間9回のFDショートセミナー(うち2回は、新学期スタートアップセミナーを兼ねる)の開催を予定しています。新たな企画として、主として新任教員に向けた、年2回の新任教員FD研修と年2回の新学期スタートアップセミナーを開催する予定です。あわせて、FDに関する要望等の調査に基づき、各部局で実施するFDへの協力も行っています。
またSDについては、教育・学生支援連携会議を通じて教学関係の各センターへの情報提供などを行っています。

「高等教育コンソーシアム信州」に関する業務

本学が加盟する高等教育コンソーシアム信州における教育活動の推進のための実務を担当すると共に、大学間連携、高等教育機関と地域との連携に関する調査研究開発を行っています。
同コンソーシアムの推進チーム会議および各部会の取りまとめを本センター員が担当しています。また、遠隔教育における有効な教育方法の開発や教育プログラムの構築などに関する調査研究を進めています。