カリフォルニア州立大学キャンパス内インターンシップ 参加者募集のお知らせ

※一部内容を赤字で更新しました(2019/11/27)

2019年度春季「カリフォルニア州立大学 実践英語とキャンパス内インターンシップ・プログラム」の参加者を募集します。

この海外研修は、信州大学と大学間交流協定を締結しているアメリカ・カリフォルニア州立大学チコ校と共同で企画・実施する英語学習およびインターンシップをテーマとした短期プログラムです。

研修では、チコ校付属語学学校で各自のレベルに合った7段階のクラス分けで実践英語(ListeningとSpeaking)を少人数多国籍なクラスで学ぶほか、チコ校キャンパス内食料管理施設"Wild Cat Pantry"で現地スタッフとともに各種業務(広報活動・在庫管理・備品補充など)を担当します。

CA2019_インターンシップ_01.jpg

滞在はアメリカの一般家庭でのホームステイです。現地の方と生活を共にすることで、生きた英語や生活文化を体感することができます。

22日間コースと32日間コースが設定されています。
3月6日(金)までは各コース共通の活動を行い、32日間コースはインターンシップなどの活動を中心に現地に長く滞在できます。

日本学生支援機構(JASSO)「2019年度海外留学支援制度(協定派遣)」の採択プログラムですので、要件の合う学生には給付型奨学金(返済不要)が支給されます。

学部生は本学の教養科目「国際教養」(2単位)の単位取得が可能です。

「グローバルコア人材養成コース」のADVANCEDコース履修者の必須科目「グローバル実践ADVANCED」に対応しています。

CA2019_インターンシップ_02.jpg

詳細は募集要項をご覧ください。







-----------【募集概要】-----------

◆ 研修先
カリフォルニア州立大学チコ校(アメリカ・カリフォルニア州チコ市)
http://www.csuchico.edu/

◆ 研修期間
22日間コース:2019年2月14日(金)~3月6日(金)
32日間コース:2019年2月14日(金)~3月16日(月)
※現地集合・現地解散のため、渡航に関わる日数は含まれていません。
航空券等の移動手段は各自で手配する必要があります。

◆ 募集人数

若干名 ※応募者が多数の場合、選考を行います。

◆ 研修費用目安
①22日間コース:43万円程度
32日間コース:47万円程度

※上記費用は、2019年11月の為替レートにより算出したものです。
為替レートの変動により、総額が変更になる可能性があります。
※要件を満たす学生に日本学生支援機構(JASSO)から奨学金を支給。
 詳細は下記「◆奨学金」を参照のこと

◆ 募集対象
全学部2年生以上、大学院生

◆ 応募締切
12月5日(木)までに各キャンパスのグローバルデスク/学務係に下記の提出書類を持参すること。

◆ 提出書類
(1) 募集要項(下よりダウンロード)
(2) 同意書(下よりダウンロード)
(3) 家計支持者(父母。父母がいない場合は代わって家計を支えている人)の2018年の収入額を証明する書類(市区町村発行の所得証明書の原本、源泉徴収票の写し等)
 ※JASSO奨学金受給希望者のみ提出。
 ※両親ともに収入がある場合は両方の証明書類が必要です。
 ※大学院生は本人の収入証明書が必要です。
(4) 英語能力試験成績証明書:英検の合格証やTOEICのスコア表等の現在の英語能力水準がわかる成績証明書を全員提出すること。
  詳細は下記「◆奨学金」を参照のこと

ダウンロード
募集要項
参加申込書
同意書

◆ 奨学金
本プログラムは、日本学生支援機構(JASSO)「2019年度海外留学支援制度(協定派遣)」の採択プログラムです。
下記の要件を満たす学生(日本国籍又は永住許可を有する者)に、22日間コースで8万円、32日間コースで16万円の給付型奨学金(返済不要)が付与されます。
①学業成績基準:前年度成績係数(3.0満点)が2.3以上
②家計基準:JASSOの第二種奨学金に掲げる家計基準を満たす学生
③語学力水準:TOEIC400点相当以上スコアを保有していること。または、TOEFL-iBT、IELTS、英検などの語学能力試験結果でこれに相当する能力を有すると認められること。

※JASSOの要件を満たさない場合でも信州大学知の森基金から支援金7万円が付与される可能性があります。
※奨学金等を受給する場合は教養科目「国際教養」の単位取得申請が必須です。

<企画・お問い合わせ>
信州大学グローバル化推進センター
Tel: 0263-37-3167 Fax: 0263-37-3404
Email: gecgd@shinshu-u.ac.jp
担当:国際部国際企画課 永野・小林