信州大学を介さないで行く

私費留学について

本学では、交換留学以外の方法で留学することを私費留学と呼んでいます。

夏休み、春休みなどの長期休業期間を利用しての短期留学から、1学期以上の留学まで、留学期間や目的は様々ですが、手配については基本的に大学を通さず自らの責任において行います。グローバル教育推進センターでは、各種留学情報誌が閲覧できますのでご活用ください。

留学斡旋業者を利用する場合の留意点

日本学生支援機構ホームページ「留学斡旋業者の利用について」参照

留学サービス事業者に対する認証制度について

「留学あっせんサービス」に関して、新たな自主ルールが作成されるとともに、そのルールの第三者認証機関として、一般社団法人「留学サービス審査機構」が設立され、2011年11月25日より認証制度が開始されましたので、参考としてください。

留学サービス審査機構ホームページ」参照

計画にあたって

私費留学の計画にあたっては、信州大学での学修カリキュラム上不都合が生じないか、必要な手続きはないか、事前によく確認しましょう。短期語学留学であっても、一定の条件を満たせば単位認定の対象となるケースもあります。早めに指導教員や所属学部学務係に相談することをお勧めします。

SAF留学プログラム

交換留学以外の方法で、1学期から1年間の留学を希望している場合、本学では正会員として提携しているSAFスタディ・アブロード・ファウンデーションを利用して留学する方法があります。

SAF留学プログラムとは

SAFスタディ・アブロード・ファウンデーション〈The Study Abroad Foundation(SAF)〉は2000年にアメリカのインディアナ州で設立された非営利教育団体です。SAFは英語圏6ヶ国(アメリカ、英国、カナダ、オーストラリア、ニュージーランド、アイルランド)と非英語圏のヨーロッパ3カ国(フランス、ドイツ、スペイン)に約50校の海外ネットワーク大学があり、学生はこれらの大学の中から希望に合った大学を選ぶことができます。

SAFのプログラムに参加する学生は1学期~1年間現地の大学生と同じ教室で授業を受けられるため、専門知識を身につけながら英語力を伸ばすことができます。英語力が足りない場合は、大学付属の語学研修機関で英語力強化プログラムに参加した後、希望する大学の学部授業を履修することができます。また、語学力の強化のみを希望する場合は、大学付属の語学研修機関でのプログラムだけに参加することも可能です。

SAFの協定校一覧および詳細に関してはSAFのホームページを確認してください。

SAF留学の準備

まずは、国際交流センターにてSAFの「1学期・1年間の留学の手引/募集要項」を入手してください。募集要項には出願に必要な書類および留学費用の目安などが掲載されています。出願の締め切りは8月/9月出発の場合、留学開始同年の3月15日、3月/4月出発の場合、留学開始前年の11月15日が目安となります。(出願先の大学により、出願が早い場合や遅い出願を受け付ける場合もあります。詳しくはSAF日本事務局にて確認してください)

説明会およびカウンセリング

前期と後期にキャンパス内で説明会を実施します。また、SAF日本事務局のカウンセラーがメールやスカイプ、電話にて随時個別相談に応じています。

予約はこちらから

お問い合わせ先

詳細はSAFホームページを参照:
http://www.studyabroadfoundation.org/japan/
問い合わせ先:
Tel. 03-5321-6222
E-mail. safjapan@studyabroadfoundation.org
〒163-1304 東京都新宿区西新宿6-5-1
新宿アイランドタワー4F