山本 伸

アジアや世界の未来を担う仲間と共に

超短期留学

山本 伸さん

工学部情報工学科
留学種類:現代アジアの都市開発Workshop
留学期間:2016年8月3日~8月11日
留学先:中国 同済大学

留学先大学について

中国でも有数の大学で、学生の質がとても高く、たくさんの刺激を受けることができました。また、日本の大学とは違い、敷地の広さが比べ物にならないほど広く、建物や環境もとても優れていました。

学習面について

英語による講義を10コマほど聴講した後、実際に中国の伝統的な地域等へ出向き、最終的に出身の国別に分かれ、自分の国と他国とを比較しながら”Sustainable development”についてプレゼン発表会をしました。講義の中には最先端の技術など興味の沸くものが多くとても良い教養になりました。

生活について

ホテルや大学の寮に転々と泊まり、そのうちのほとんどが二人一組の部屋でした。ごはんもしっかりと提供され、朝はホテルのレストラン、昼と夜はターンテーブル形式の本格的な中華料理を食べていました。大学寮に滞在の日は、WiFiが使えないことがあるなど少し困ることもありましたが、全体的に見ればしっかりと学習に臨むことのできる、とても良い環境であったと思います。

留学で得たこと

先にも述べたように、大学のレベルがとても高かったため、主催の同済大学の学生はもちろん、協定校からの参加者も、信州大学を除いたほとんどの大学が各国のトップ又はトップクラスの大学からの参加者であり、参加していた学生の質がとても高く、勉強面や人間性においても、とてもたくさんの刺激を受けることができたのが一番の収穫です。

後輩へのアドバイス

外に出てみないとわからないことはたくさんあります。大学では、その外に出るというチャンスにとても恵まれている環境であると思うので、少しでも海外や留学や異文化交流などに興味のある人は、是非大学生のうちにチャンスを生かして海外への一歩を踏み出してもらいたいと思います。