佐藤 美沙希

勉強に専念できる9ヶ月

短期留学

佐藤 美沙希さん

教育学部 学校教育教員養成課程 
留学種類:交換留学
留学期間:2012年9月~2013年6月
留学先:ポーランド ワルシャワ大学

留学先大学について

ワルシャワ大学は、ポーランドの名門大学のひとつです。本当に勉強熱心な学生たちが世界中から集まっています。ポーランドの公用語は、ポーランド語ですが 大学内では英語を使って学ぶことができます。学部・学科によって授業を受けるキャンパスや建物が違います。メインキャンパスは、街の中心部と旧市街両方に 近いです。きれいな中庭があり、夏の授業間などはベンチに座って勉強したり読書をしたりゆったりと時間を過ごせます。

学習面について

日本の大学と違って、大人数向けの講義がなく1つの講義はだいたい多くても15~20人で構成されています。意見交換を気軽にできる雰囲気です。国際関係 学部は、国内かまわず他の大学の教授の方などのゲストが多くきて講義をしてくださいます。なかなかない経験を味わえると思います。授業は、自分の興味ある ものをとれます。

生活について

ポーランドは、物価がとても安いです。特に交通費や食費。ワルシャワの街はとても大きいです。ショッピングモールが街の中にいくつもあり、普通に生活する うえで不便に思ったことは特にありませんでした。英語でもなんとか生活は出来ると思いますが、学校の外に出ると全てポーランド語だったりするのでポーラン ド語を勉強することはオススメします。私は、現地に着いてからポーランド語を学び日常生活では困らない程度の語学力は身につけました。他の国からの学生も 本当に多いので、異文化交流は日々の中で出来ます。

留学で得たこと

私が、一番感じたのは家族の大切さです。本当にポーランド人は家族を大切にしていました。何度かトラブルを経験しその時、一番支えとなってくれたのは私の 家族でした。なかなか日本にいるときには、家族の大切さなどを改めて考えることはありませんでしたが家族と離れてみて考えさせられることがたくさんありま した。 また、自分の興味ある分野の勉強・研究に専念することができました。私は、9月卒業を考えていたのでどうしても留学中に卒業論文をすすめなければなりませ んでした。私の研究テーマがポーランドに大きく関係することだったので日本では集めることの出来なかった情報や現地の人の生の声を集めることができまし た。

後輩へのアドバイス

どうして留学したいのかという理由がしっかりあれば留学は成功すると思います。日本での準備もとても大切なので、情報収集をしてステキな留学生活につなげてください。