A

留学は成長するチャンス

短期留学

Aさん

人文学部 文化コミュニケーション学科
留学種類:交換留学
留学期間:2009年9月~2010年6月
留学先:フランス ラ・ロッシェル大学

留学先大学について

ラ・ロッシェル大学は国内でも比較的新しい大学のため外観や校内共にとてもきれいです。図書館や学生食堂も人文学部の目の前にあり、とても便利です。

留学生支援に力を入れており、多くの留学生が世界中から集まってきています。フランス人の学生はもちろん、留学生との交流も出来る国際色豊かな大学です

ラ・ロッシェル大学は国内でも比較的新しい大学のため外観や校内共にとてもきれいです。図書館や学生食堂も人文学部の目の前にあり、とても便利です。

留学生支援に力を入れており、多くの留学生が世界中から集まってきています。フランス人の学生はもちろん、留学生との交流も出来る国際色豊かな大学です。

履修科目・授業について

私も日頃からよく活用していた図書館には留学生がフランス語を学ぶ本・CDが揃っているので勉強の手助けになります。

前期は毎日、後期は週に2回、留学生のためのフランス語の授業があるため、会話・文法などはそこでしっかり学ぶ事が出来ます。

授業は、フランス人の学生と一緒に受講するため初めはとても苦労していましたが、徐々に慣れるでしょうし、わからない所は学生同士で助け合ったり、教授が根気強く説明してくれるので心配要りません。

生活について

ラ・ロッシェルは小さく、観光地としても人気のある街なので治安も良くとても住みやすかったです。スーパーやデパートへも徒歩またはバスで簡単に行けるので、欲しいものはすぐに手に入れる事が出来ます。

食事面に関しては、フランスは農業国なので、食料品は安値で買うことが出来ますし、自炊にも困らないと思います。

ただ、日本食が恋しくなるときもあるのでインスタントの味噌汁やお茶漬けの素などを持っていくことをおすすめします。

留学で得たこと

この留学が私のとっての初海外だったため、最初の数ヶ月は戸惑う事も多く、日本を思い出し、寂しくなる事もありました。

しかし、「自分で決意した留学。これは自分を成長させるチャンス」だと思い、最後まで頑張りぬく事が出来ました。

この1年間の留学は精神面、語学面に関しても私に自信を与えてくれました。また、多くの素晴らしい友達に恵まれ、忘れる事のできない楽しい思い出も沢山出来ました。

これらの経験が私のこれからの人生の糧になってくれると自信を持って言えます。

後輩へのアドバイス

疑問点や不安点もあり、留学を迷っている人もいるのではないかと思います。私も申し込みの締切り直前まで迷いました。

しかし、留学を出来る機会は滅多に、いや、もしかしたら一生に一度しかありません。迷っているなら、ぜひ勇気を出して留学して下さい!それほどの価値が留学には充分にあります。

心配な事は私を含めた留学経験者や先生方、交流センターの皆さんと一緒に解決していきましょう。魅力ある留学があなたを待っています。