継続就職活動のための在留

「留学」の在留資格を持つ留学生が、卒業前から引き続き行っている就職活動を行うことを目的として日本への在留を希望し、かつ大学による推薦がある場合には、「特定活動(在留期間180日まで)」への在留資格変更を申請することができます。

申請が許可された場合、更に1回の在留期間更新を申請し許可されれば、最長1年程度の滞在が可能になります。

申請に必要な書類

また、資格外活動許可の申請を行えば、週28時間以内の資格外活動許可が認められます。

(参考:「資格外活動許可」入国管理局ホームページ)

別科生、聴講生、科目等履修生および研究生は原則対象となりません。