総合理工学系研究科トップ>お知らせ>12月14日(金) 「ながのブランド郷土食」平成30年度第2回公開シンポジウム

12月14日(金) 「ながのブランド郷土食」平成30年度第2回公開シンポジウム

ながのブランド郷土食では、「食のブランド作り」をテーマに公開シンポジウムを開催します。なお、参加者につきましては、関係者のほか、食品関連企業はじめ一般市民の皆様も対象としておりますので、多数の方々にご参加いただきますようご案内申し上げます。(参加費:無料)

 

h30_2nd_naganobrand_symposium.jpg

***************************

「ながのブランド郷土食」人材養成プログラム事業

   平成30年度 第2回公開シンポジウム
       〜食のブランド作り〜

 

日時:平成30年12月14日(金)13:30~17:15

会場:信州大学長野(工学)キャンパス E2棟
   信州大学国際科学イノベーションセンター
  


■講演1 13:40~14:00(座長:ながの食品加工マイスター倶楽部 会長 田部井 ひろ美)
ながの食品加工マイスター倶楽部会員による発表 

「信州産ソルガムを使用したグルテンフリー食品の開発」  
株式会社ミールケア 山本 秀樹 

 

■講演2 14:00~15:30(座長:長野県工業技術総合セン
ター 食品技術部門 加工食品部長 大澤 克己)
演題:「『K&K缶つま』商品開発ストーリー」
講師:国分グループ本社株式会社 マーケティング統括部

マーケティング開発部 開発一課 森 寛規 先生

 

<休憩15:30~15:45>    

 

■講演3 15:45~17:15(座長:信州大学経営大学院 教授 柴田 匡平)

演題:「地域ブランドと食のブランディング~付加価値化と体験化でブランド力向上を目指そう~」

講師:株式会社ブランド総合研究所 代表取締役 田中 章雄 先生 

 

終了後、交流会を予定しております。(会費2,000円)
 

◆シンポジウムの全体紹介

H30年度第2回公開シンポジウム案内ポスター(PDF)

 

◆「ながのブランド郷土食」社会人スキルアップコースプログラム

「ながのブランド郷土食」社会人スキルアップコースプログラムは、食品産業分野の技術者を対象とした社会人学び直しプログラムです。地元自治体(長野市)と連携し、関連企業で活躍する実務家講師らと、地元農産物を素材に機能性を付与した高付加価値食品の開発に関する課題研究に取り組んでいます。詳細はこちら

「ながのブランド郷土食」社会人スキルアップコースプログラム

 

◆問合せ・申込先

信州大学工学部 物質化学科 「ながのブランド郷土食」担当 寺島
 TEL 026-269-5398  E-mail: terasima*shinshu-u.ac.jp(*を@に変えてください。)