総合理工学系研究科トップ>生命医工学専攻>生体医工学分野

生体医工学分野

概要

生体医工学分野では、理工系と医学系が融合した研究を行ない、医学・生物学・生理学等の基礎的研究から、医療用ロボット、生体デバイス、生体材料の開発等まで、その知見を医療や福祉に応用します。
具体的には、医療・健康・福祉分野等における課題について、機械システム学、ロボット工学、生体医工学、生体材料学、福祉工学、運動機能学等の視点から深く研究します。
少子高齢化の急激な進行により生じる医療・健康・福祉に関する諸問題を解決することを使命として、社会的ニーズの非常に高いバイオメディカルの分野における高度な研究を行っています。
研究により得られた知見は、高齢者福祉や先端医療等に応用し、人に優しいモノづくりを通して、私たちの「こころ」と「からだ」が元気になる社会を目指します。
ぜひ各教員の研究紹介をご覧ください。

生体医工学分野

“着る”生活支援ロボット curara®

生体医工学分野

人工筋肉が協調して動くロボットハンド


主な研究テーマ


  • “着る”生活支援ロボット curara®

  • 人工筋肉が協調して動くロボットハンド

  • カーボンナノチューブを応用した新しい人工関節の開発

  • 全方向遊泳が可能な生物規範型ロボット

  • ダンゴムシ、オオグソクムシ、ミナミコメツキガニの心理学

  • だ液バイオマーカーを用いたストレスやがんの診断技術

  • 教員

    秋山 佳丈准教授

    研究分野

    バイオMEMS・組織工学
    筋細胞駆動ロボットおよび生体外での3次元組織構築に関する研究

    岩本 憲泰助教

    研究分野

    ロボティクス,メカトロニクス
    フレキシブルマニピュレータ,可変剛性機構,手術支援ロボット

    小関 道彦准教授

    研究分野

    バイオメカニクス・計測工学
    医用画像に基づく患者別力学解析およびX線CT画像の精度向上に関する研究

    小林 俊一教授

    研究分野

    バイオミメティクス・医用生体工学
    生物規範型水中推進機構、動脈硬化症のバイオメカニクス、医療機器開発支援

    塚原 淳助教

    研究分野

    リハビリテーション科学,福祉工学
    ウェアラブルロボット,リハビリテーション科学,福祉工学

    西川 敦教授

    研究分野

    バイオ・メディカルロボティクス
    生体模倣型ロボット、手術支援ロボット、経頭蓋磁気刺激/機能的電気刺激応用

    橋本 稔教授

    研究分野

    バイオロボティクス・メカトロニクス
    ロボティックウェアcuraraの開発、高分子ゲル人工筋肉の研究と応用

    森山 徹准教授

    研究分野

    比較認知科学・動物心理学
    物質心理学の構築を目指し、ダンゴムシやオオグソクムシの心の探求

    山口 昌樹教授

    研究分野

    生体医工学・ストレス科学
    健康を測るバイオセンサおよび濡れ性の制御に関する研究

    齋藤 直人教授

    研究分野

    運動機能学、生体材料学
    整形外科学、リハビリテーション医学、バイオテクノロジー、生体材料、医療機器

    杉本 光公教授

    研究分野

    健康科学、運動生理学、バイオメカニクス
    高齢者の健康問題、生涯スポーツの習慣化、バイオメカニクス

    竹内 あかり助教

    研究分野

    無機化学・生体材料学
    水溶液プロセスによるリン酸カルシウム系セラミックの合成に関する研究

    羽二生 久夫准教授

    研究分野

    生理学、生化学、臨床検査学
    生体安全性評価、バイオマテリアル、個人間差、骨再生、認知症治療薬開発