信州大学HOME

facebookenglish

Menu

機械・ロボット学科

学科独自サイト 機械・ロボット学科

学科の特徴


小林 俊一 学科長 小林 俊一


皆さんは「機械・ロボット」というとどのようなイメージをもつでしょうか? 機械・ロボット学科は、環境に調和しながら人間の生活の質を向上させ、人間の心と暮らしを豊かにするために、「限りなくヒトに近い機能とヒトを超える性能をもつ機械の創造」そして「生物に学び、新たな発想によるヒトと環境にやさしいものづくり」を目指した教育研究を行っており、夢を育む場となることでしょう。入学後は、機械工学、電子・情報、制御工学、生体システム工学、医工学、 生物学などを学び、エンジニアとしての専門基礎知識を身につけ、総合的な能力と幅広い知識をもった技術者、研究者として社会に貢献することが期待されています。私たちとともに「環境」と「ヒト」にやさしい社会をつくる、そんな夢を実現させましょう。

  1.  機械工学とロボット学を横断する教育研究で、幅広い知識を持った研究者・技術者を育成します。
  2.  卒業生は機械系、電子情報系などの広範な企業や研究所において活躍しています。
  3.  各自の興味・関心に合わせて学べるように、2つのコースを設置しています。(コース選択は2年次から)
    機能機械学コース
    「原理的・質的に新しい機能を発現する機械」「多様な機能を果たす機械」の創造を目指し、従来の機械工学に加えて電子・情報・材料・ナノテクを含めた幅広い学際分野の教育・研究を行っています。
    バイオエンジニアリングコースコース独自サイトはこちら
    エコで巧妙な生物の「しくみ」や「はたらき」を工学的視点から探求し、高齢者福祉や先端医療を支援する新しいものづくりと価値創出を通して、私たちの「こころ」と「からだ」が元気になる社会を目指します。

学科の教育体系

教育カリキュラム(1〜3年次)

  1年次 2年次 3年次
共通科目
  • 教養科目
  • 英語
  • 新入生ゼミ
  • 基礎科学科目(数学、物理、化学) ほか
  • 英語
 
専門科目
  • 繊維科学の基礎
  • 機械・ロボット学概論
  • 応用解析学
  • 材料力学
  • 流体力学
  • 電子回路 ほか
  • 設計工学
  • 材料強度学
  • エネルギー変換工学
  • 制御工学 ほか
機能機械学コース
  • 機構学
  • 物性工学 ほか
  • メカトロニクス
  • ロボット工学 ほか
バイオエンジニアリングコース
  • 動物行動学
  • 生体運動学 ほか
  • バイオメカニクス・ミメティクス
  • 生体医工学 ほか

研究トピックス(4年次)

消防活動の安全を確保する
消防活動の安全を確保し、一人でも多くの市民を火災から救う
若月研究室では、火災という一つの極限の熱流体に対して、(1) 火災という極限熱環境の現象・原理の理解、(2) 耐熱服・消防服の内部で生じている熱伝導プロセスの解明・熱傷防止のための衣服構造の開発・・・ 続きを読む
新エネルギーで勝負だ!
新エネルギーで勝負だ!
小西研究室では以下の研究を行っています。(1) 太陽エネルギーや水素エネルギーなどの新エネルギーを用いた移動体 (電気自動車) を開発。(2) 新エネルギーを生み出す燃料電池を開発・・・ 続きを読む
ヒト・生物に学び、構想・設計・製作・制御!
ヒト・生物に学び、構想・設計・製作・制御!
河村研究室では、様々なメカニズムの研究をベースとして、ヒトや生き物の持つスキル (感覚を駆使して必要な動作を上手に行う能力) をロボットで実現する研究をしています。たとえば、氷上・・・ 続きを読む
生体は情報を発信する
生体は情報を発信する
渋滞する自動車、店頭に山積みされた食品、地震で揺れるビル等では、様々な量が時間とともに変化し続けています。自然や人工物だけでなく、人の体も情報を 発信していて、時として発汗・・・ 続きを読む
筋肉で動くロボット
筋肉で動くロボット 筋肉は、生物が40億年の進化の末に獲得した大変優れたアクチュエータ (モーター) です。秋山研究室では、モーターの代わりに筋肉を取り込むことで、電気や化石燃料を必要せず、生体の持つ自己組織化・自己修復機能を備えたバイオハイブリッドロボットの創成を目指しています。現存する化石・・・ 続きを読む
柔らかさと巧みさをバイオから学ぶ
柔らかさと巧みさをバイオから学ぶ
近年、医療や介護の分野で、ヒトと直接接触する作業を行うロボットの進出が期待されています。西川研究室では、メカトロニクスの4つの構成要素 (センサ、アクチュエータ、コンピュータ・・・ 続きを読む

学科教員リスト

氏名
役職
研究分野
Email *1
TEL *2
|
教 授
電子計測、超伝導、マイクロマシン、新エネルギー
konishi
5435
教 授
複合材料工学、スマート材料、ナノコンポジット
niqq
5438
教 授
熱工学
nhimeno
5431
教 授
繊維応用力学、計算力学、複合材料力学、衝撃工学
baolimin
5423
准教授
知能機械学、機械システム
kawatak
5425
准教授
繊維工学、ナノファイバー
kim
5439
准教授
機械工学
s-s-2208
5605
准教授
複合材料・物性、材料力学
natsuki
5421
准教授
熱工学、火災工学、実験工学、安全衛生
kaoruw
5429
助 教
フィールドロボット、メカトロニクス
sutoh
5121
|
教 授
知能機械学、機械システム、流体工学、医用生体工学
shukoba
5445
教 授
医用システム、制御工学、知能機械学、機械システム
nishikawa
5617
教 授
知能機械学、機械システム、感性情報学
hashi
5524
教 授
生体医工学、バイオミメティクス、ストレス科学
masakiy
5444
准教授
バイオロボティクス、再生医療、マイクロマシン
aki
5517
准教授
医用生体工学、生体材料学、計測工学
koseki
5347
准教授
比較認知科学、動物行動学、心と意識の科学
toru
5589
助 教
人間医工学、ロボティクス
iwamoto
5146
助 教
ウェアラブルロボット、リハビリテーション科学
a_tsukahara
5618

*1 メールアドレスは後に「@shinshu-u.ac.jp」を付けてご連絡ください。
*2 電話番号は前に「0268-21-」を付けてご連絡ください。
◎ 学科長 (コース長/課程長), ◯ 副学科長 (コース長/課程長)。