信州大学HOME

facebookCOVID-19english

Menu

お知らせ

お知らせ

新井 亮一 准教授ら、人工設計タンパク質ナノ粒子TIP60の正20面体型60量体の立体構造を解明

2021.09.15


信州大学繊維学部(応用生物科学科)・バイオメディカル研究所の新井 亮一 准教授と慶應義塾大学理工学部の川上 了史 専任講師、宮本 憲二 教授および東京大学大学院医学系研究科の吉川 雅英 教授らの共同研究グループは、人工的に設計されたタンパク質ナノ粒子TIP60の詳細な立体構造をクライオ電子顕微鏡単粒子解析により解明することに成功しました。TIP60は、正三角形状の孔を20個持つ、特徴的な正二十面体型60量体の多孔性中空ナノ粒子構造であることが明らかとなりました。今後、この特徴的な立体構造をもとにして部位特異的変異や化学修飾などにより、薬物を導入したナノカプセルとしての利用や新たなナノ材料の開発など、ナノバイオテクノロジー分野の発展や応用につながることが期待されます。
この成果を本日、プレスリリース(資料)を行いました。本研究成果は英国王立化学会学術雑誌Chemical Communicationsへの掲載に先立ち、同誌Webサイトにてオンライン速報版が9月4日に公開されました。

(原論文情報)
詳細は こちらからご覧いただけます。
タイトル: Icosahedral 60-meric porous structure of designed supramolecular protein nanoparticle TIP60
タイトル和訳: 人工設計超分子タンパク質ナノ粒子の正20面体型60量体多孔質構造
著者: 小幡 隼也1、川上 了史2、包 明久3、那須 英里圭2、宮本 憲二2、吉川 雅英3、新井 亮一1* 
1信州大学、2慶應義塾大学、3東京大学
掲載誌: Chemical Communications (出版元: Royal Society of Chemistry) DOI: 10.1039/D1CC03114G
構造データ: Protein Data Bank (PDB) 7EQ9, Electron Microscopy Data Bank (EMDB) EMD-31256 

詳細はこちらhttps://pdbj.org/mine/summary/7eq9


(追記: この研究を紹介した記事が9月16日の信濃毎日新聞、9月17日の日刊工業新聞・信州民報、10月1日の化学工業日報に掲載されました。また、Protein Data Bank@PDBeuropeのTwitterで9月15日に注目の新規公開構造として動画付きで紹介されました。)

Twitterはこちらからご覧いただけます→https://twitter.com/PDBeurope/status/1438041421227900932


  • 大学院の教育
  • 教員一覧
  • 特色ある取り組み
  • 企業・一般の方へ
  • 在学生の方へ
  • 保護者・卒業生の方へ