信州大学HOME

facebookCOVID-19english

Menu

お知らせ

お知らせ

金 翼水 教授 (国際ファイバー工学研究拠点) ら、自宅で消毒・再利用が可能なナノファイバー製マスク

2020.06.17


信州大学 国際ファイバー工学研究拠点 / 機械・ロボット学科の金 翼水 (キム イクス) 教授と韓国・浦項工科大学のCha Hyung Joon 教授との日韓共同研究チームは、メルトブロー (MB) 不織布からなる市販のN95マスクフィルターとナノファイバー (NF) 不織布からなるN95マスクのフィルターを洗浄・消毒して再使用した場合の機能比較を行い、NF製マスクのフィルター性能 (ろ過効率) はエタノール消毒を複数回行った後でも衰えないことを実証しました。新型コロナウィルスのパンデミックによって衛生マスクの供給が滞りがちになる中、NF製マスクの場合は家庭でも簡単にできるエタノール消毒をするだけで、複数回の再使用が可能になります。金 教授は「第2波、第3波の新型コロナウィルス感染症に備え、NFマスクが感染予防の手段として役立ってほしい」と期待感を語りました。

この成果を取りまとめた論文「Reusability comparison of melt-blown vs. nanofiber face mask filters for use in the coronavirus pandemic (和訳:コロナウィルスパンデミックに使用するメルトブローンとナノファイバーフェイスマスクの再使用性能の比較)」は米国化学会発行のACS Applied Nano Materials誌オンライン版に6月12日より早期公開されています。6月17日に行ったプレスリリースの資料はこちらです。


  • 大学院の教育
  • 教員一覧
  • 特色ある取り組み
  • 企業・一般の方へ
  • 在学生の方へ
  • 保護者・卒業生の方へ