信州大学HOME

COVID-19  facebookenglish

Menu

お知らせ

お知らせ

小林 千知さん (M1)、勝原 章吾さん (B4) が水中ロボコン in JAMSTEC 2019 (フリー部門) で優勝

2019.08.28


自作のロボットで水中を自在に動き回る性能などを競う大会「水中ロボットコンベンション in JAMSTEC 2019 〜海と日本プロジェクト〜」が8月23〜25日にJAMSTEC=海洋研究開発機構 (神奈川県横須賀市) で開かれました。大学院総合理工学研究科 生体医工学専攻 生体医工学分野 1年の小林 千知さんと機械・ロボット学科 バイオエンジニアリングコース 4年の勝原 章吾さんが水中ロボット「Moonswim III」を携えて、指導教員の小林 俊一 教授とともに機体のオリジナリティーを競うフリー部門に参加し、見事に優勝を果たしました (同部門には高校・高専・大学の計10チームが参加)。



写真左:チーム「小林研究室」 (左から小林教授、小林さん、勝原さん)、写真右:「Moonswim III」


生物の泳ぎを規範とした水中ロボットにはスクリュープロペラがないため、移動中に海洋生物へ及ぼす危険が少なく、海藻の巻き込みや汚泥の巻き上げといった問題点もありません。「Moonswim III」はゴカイの遊泳を解析することを通して、そのイボ足に相当するフィンを取り付けた水中ロボットです。フィンの角度を変更することによって全方向に泳ぐことができ、あたかも前進するように振る舞いながら後退できます。本ロボコンに投入した第3号機には、左右のフィンの能動的動作を可能にするスマートアクチュエータを装着し、制御系も進化させました。

  • 大学院の教育
  • 教員一覧
  • 特色ある取り組み
  • 企業・一般の方へ
  • 在学生の方へ
  • 保護者・卒業生の方へ