信州大学HOME

facebookenglish

Menu

お知らせ

お知らせ

Khan Muhammad Qamarさん (D2) がNANOFIBER2018でBest Poster Awardを受賞

2018.06.14


大学院総合工学系研究科 生命機能・ファイバー工学専攻 (博士課程) 2年のKhan Muhammad Qamarさん (金 翼水 研究室) が6月7・8日に東京ビックサイトで行われたアジア不繊布産業総合展示会・会議の第5回国際ナノファイバーシンポジウム2018 (NANOFIBER2018) において、最優秀賞の「Best Poster Award」を受賞しました。本賞は41人のポスター発表者のうち2人に与えられ、Qamarさんの受賞題目は「The development of implantable axon by nanocomposites of polyvinylpyrolidone incorporated gold nanoparticle (PVP/Au) via electrospinning (金ナノ粒子を取り入れたポリビニルピロリドンのナノコンポジット (PVP/Au) による移植可能な軸索の開発)」でした。


研究概要 : 神経細胞の軸索を人工的に作製する方法として、ナノファイバーによってチューブを構成して用いるというアイデアがあります。そこで本研究では、金 (Au) のナノ粒子を混入したポリビニルピロリドン (PVP) をエレクトロスピニング法により直径が約200 nm程度のナノファイバーを構成し、チューブを作製しました。このPVP/Auナノファイバーチューブの形態と電気的な性能との関係について検討する上でまず、X線分光器と赤外分光光度計を用いた計測を行いました。作製したPVP/AuナノファイバーからはPVPとAuに特徴的なピークが検出され、ナノファイバーチューブが適切に作製されていると確認できました。次に電子顕微鏡を用いた観察により、PVP/Auナノファイバー中にAuナノ粒子が均一に分散しており、構造安定性が高いことを明らかにしました。そしてX線回折測定により、PVP溶液中にAuを組み込むことによって結晶化が進むと分かりました。さらに材料試験において、ナノファイバーチューブの直径が増加するにつれて引張強度は減少するものの、力学的に軸索に適したものになることを示しました。