信州大学HOME

facebookCOVID-19english

Menu

お知らせ

お知らせ

日米英中4大学によるグローバルパートナーシップ協定を7大学に拡大して更新

2017.07.10


左から、田上教授 (福井大学)、ゴーン教授 (マンチェスター大学)、下坂教授 (信州大学)、シン教授 (香港理工大学)、ヒンクス教授 (ノースカロライナ州立大学)、カー教授 (リーズ大学)、鋤柄教授 (京都工芸繊維大学)

6月29日、第14回アジア繊維会議が開催されていた香港理工大学において、日中米英7大学によるグローバルパートナーシップ協定書の調印式が行われました。本協定は、繊維・ファイバー工学分野を有する各大学が相互の学術交流活動を通じて、本分野の教育研究に関する国際連携とさらなる発展を目指したものです。平成22年3月に信州大学、米国・ノースカロライナ州立大学、英国・マンチェスター大学、中国・香港理工大学の4大学間で最初の協定が調印されました。今回の更新にあたり、英国からはリーズ大学、日本からは本学と大学間連携事業「繊維・ファイバー工学コース (修士課程)」を共同実施している福井大学と京都工芸繊維大学が新たに加わり、7大学間の国際連携協定となりました。新しい協定の枠組みのもと、最初の共同国際シンポジウムである "テキスタイル・サミット 2018" が平成30年9月に信州大学繊維学部で開催されます。

  • 大学院の教育
  • 教員一覧
  • 特色ある取り組み
  • 企業・一般の方へ
  • 在学生の方へ
  • 保護者・卒業生の方へ