信州大学HOME

facebookenglish

Menu

お知らせ

お知らせ

崔 翔気さん (M1) が日本環境動物昆虫学会において優秀発表賞を受賞

2016.11.17

大学院総合理工学研究科 繊維学専攻 応用生物科学分野1年の崔 翔気さん (平林 公男 研究室) が、11月12・13日に信州大学繊維学部で開催された第28回日本環境動物昆虫学会において優秀発表賞を受賞しました。 受賞題目は「一つの瀬におけるヒゲナガカワトビケラの二次生産速度の推定 -瞬間成長法と羽化法を用いて-」で、ポスター38演題のうち2演題が優秀賞に選出されました。

che.png 研究概要:ヒゲナガカワトビケラは、河川の底生昆虫のなかでも個
体数密度や現存量で優占するグループの一つであり、河川生態の物
質循環に大きな影響を与えていると考えられています。これまで、
本種の生物生産速度に関して幼虫から測定を試みた例はありました
が、成虫の羽化量から算出した報告はほとんどありませんでした。
そこで本研究では、ヒゲナガカワトビケラの生産速度を幼虫のデー
タから瞬間成長法で推定し、また成虫のデータから羽化法 (羽化量
の定量とP/E比による推定法) で二次生産速度を推定するときに用
いられるP/E値について検討を行いました。