信州大学HOME

facebookenglish

Menu

お知らせ

お知らせ

飯柴 慧さん (M1) と小坂亜由美さん (M1) が照明学会において優秀ポスター発表者賞を受賞

2016.09.05

大学院総合理工学研究科 繊維学専攻 先進繊維・感性工学分野1年の飯柴 慧さん (石澤 広明 研究室) が、9月1日 (木) に日本大学理工学部駿河台キャンパスで開催された第49回照明学会全国大会において優秀ポスター発表者賞を受賞しました。受賞題目は「近赤外分光法による医療器具の清浄度評価」です。本賞は、発表の第一著者で25歳以下の社会人または30歳以下の学生の中から選考され、今年度は42件中10件が受賞しました。


研究概要 : 医療現場では院内感染を防ぐため、医療器具の清潔性には注意しなければなりません。そのため、医療器具の清浄度評価が必要不可欠となります。しかし、従来の評価方法では再洗浄が必要であり、明確な基準値が存在しない等の問題があります。本研究では従来法の問題を解決するために、近赤外分光法を用いた迅速かつ明確な清浄度評価を行いました。また、実際の医療器具の形を想定した形状のステンレス板を実験に用い、汎用性の拡大を目指しました。


shoumeigakkai2.png


2016.9.26 (追加)

大学院総合理工学研究科 繊維学専攻 先進繊維・感性工学分野1年の小坂 亜由美さん (上條 正義 研究室) が、9月1日 (木) に日本大学理工学部駿河台キャンパスで開催された第49回照明学会全国大会において優秀ポスター発表者賞を受賞しました。受賞題目は「連続スペクトルと離散スペクトルをもつ照明の視覚的印象比較に関する研究」です。本賞は、発表の第一著者で25歳以下の社会人または30歳以下の学生の中から選考され、今年度は42件中10件が受賞しました。


研究概要 : LEDをはじめとした従来の照明には、すべての色の波長が連続的に分布した連続スペクトルを持つ光源(CS光源)が用いられてきました。しかし近年、単波長の光が離散的に分布した離散スペクトルからなる光源(DS光源)であるレーザー光源が次世代照明として注目されています。DSレーザー光源は、「RGB各色を制御することによって広い色再現範囲を有する」、「光源の高効率化による省エネ化・照明装置の小型化を狙える」、などの特徴があります。本研究ではDS光源とCS光源で照明された視対象を見比べ、その視覚的印象の違いを3種類の実験によって調査しました。


shoumeigakkai.png