信州大学HOME

facebookCOVID-19english

Menu

お知らせ

お知らせ

★★★行幸啓★★★ 天皇皇后両陛下が信州大学 繊維学部 資料館をご視察 【8月20日 (土)】

2016.08.23


天皇皇后両陛下はご静養のため 8月20日、長野県に入られ、同日午後、信州大学 繊維学部 資料館を視察されました。天皇皇后両陛下が信州大学を訪問されるのは、6月5日に長野 (工学) キャンパス内の国際科学イノベーションセンターを視察されて以来、2度目となります。今回の両陛下のご視察には、阿部 守一 長野県知事も立ち会われました。

両陛下は午後1時過ぎに上田キャンパスの繊維学部に到着され、濱田 州博 学長がお出迎えしました。その後、同キャンパス内の繊維学部資料館へ向かわれ、資料館近くでお迎えした学生や職員の歓迎に右手を挙げて応えられました。 資料館では、下坂 誠 繊維学部長がお出迎えしました。両陛下は、下坂 学部長のご案内で、蚕の卵が幼虫になるまでの過程を示した模型、繭の標本、掛け図など、上田蚕糸専門学校で使われていた教材や養蚕の歴史に関する資料などを熱心に見て回られました。 この中で、両陛下は蚕の卵を孵化させる機器をのぞき込みながら「卵がかえるまでどれくらい日にちがかかるんですか?」などと熱心にご質問されていました。また、天皇陛下は「古いものをしっかりと残されていますね」と感想を述べられました。


shindaityakuu.png siryoukan.png

左:資料館に到着された天皇皇后両陛下。右:下坂学部長の説明に耳を傾けられる両陛下。 (写真提供 : 長野県)

  • 学部概要
  • 学部の入試
  • 過去の入試状況
  • カリキュラム
  • 研究テーマ
  • 卒業後の進路
  • 大学院の教育
  • 教員一覧
  • 特色ある取り組み
  • 企業・一般の方へ
  • 在学生の方へ
  • 保護者・卒業生の方へ