信州大学HOME

facebookenglish

Menu

お知らせ

お知らせ

市民公開シンポジウム「信州の食と健康を考える」開催予告 【9月3日 (土)】

2016.08.01

日本植物細胞分子生物学会が9月1日からここ上田キャンパスで開催されます (大会実行委員長 海老沼 宏安 教授)。その最終日の9月3日 (土) 14時より、同学会主催の市民公開シンポジウム「信州の食と健康を考える ~植物に含まれる機能性成分の正しい理解を目指して~」が企画されています。参加費無料・事前登録不要ですので、会場の総合研究棟7階 ミーティングルーム1に直接お越しください。


提供話題と講演者

「ソバと機能性成分」 田口 悟朗

「長野県農業関係試験場における機能性農畜産物の研究」 小木曽 秀紀

「ワサビはなぜ辛い? −アブラナ科植物が作る成分の話」 平井 優美

「ゲノム時代のブドウの香味成分研究」 小埜 栄一郎

「ヴィラデストワイナリーとNAGANOワインの現状について」 小西 超

「食品の機能性に関する情報との付き合い方」 松永 和紀