信州大学HOME

facebookenglish

Menu

お知らせ

お知らせ

渡邊拓巳さん (M2)・石井雄二郎さん (M1)・吉田 裕安材 助教 (化学・材料学科) が繊維学会で受賞

2016.06.16

大学院理工学系研究科 化学・材料専攻 応用化学コース2年の渡邊 拓巳さん (鈴木 大介 研究室) が、6月8~10日にタワーホール船堀で開催された平成28年度繊維学会年次大会 (ホームページ) において若手ポスター賞を受賞しました。 受賞題目は「シード乳化重合によるラズベリー型複合ゲル微粒子の創製」です。近年、真球状粒子とは異なる性質を示すことから、異形構造を有する高分子微粒子に注目が集まっています。そのような中、水で膨潤し、ソフトな性質を有するヒドロゲルと硬質ポリマーであるポリスチレンから構成される複合ゲル微粒子の創製に関する研究を展開しています。本発表は、そうして得られる複合ゲル微粒子の構造制御に関する内容です。なお、本賞は博士号を持たない30歳未満の学会員による応募ポスター演題から選考され、今年度は138件の中から10件が受賞しました。


IMG_4009.JPG


2016.6.22 (追加)

大学院理工学系研究科 繊維・感性工学専攻 先進繊維工学コース1年の石井 雄二郎さん (大越 豊 研究室) が、6月8~10日にタワーホール船堀で開催された平成28年度繊維学会年次大会 (ホームページ) において若手ポスター賞を受賞しました。 受賞題目は「X線CTを用いたニードルパンチ不織布の内部構造評価および力学物性との関係」です。X線micro CTを用いてニードルパンチ不織布試料の内部構造を観察し、得られた断層画像の解析により不織布中での繊維配向や繊維絡み合いなどを定量的に分析しました。また、機械的物性を評価し、内部構造との関連性を確かめました。


P6090385.png


2016.6.23 (追加)

化学・材料学科 ファイバー材料工学コースの吉田 裕安材 助教が、6月8~10日にタワーホール船堀で開催された平成28年度繊維学会年次大会 (ホームページ) で若手優秀発表賞を受賞しました。受賞題目は「環状低分子化合物を用いた超分子ファイバーの創製」です。 吉田助教は近年、低分子化合物の紡糸技術の開発に着手しており、その成果や学術的な関心の高さが評価されて今回の受賞に至りました。なお、本賞は博士課程学生以上〜40歳未満の学会員が応募した口頭発表演題から選考され、今年度は52件の中から9件が受賞しました。


20160623_105842.png