信州大学HOME

facebookenglish

Menu

お知らせ

お知らせ

八木瑞貴さん (B4) が日本繁殖生物学会で優秀発表賞を受賞

2015.09.24


生物機能科学課程 4年の八木 瑞貴さんが9月17〜19日に宮崎大学で開催された第108回 日本繁殖生物学会において発表したポスター演題が優秀発表賞に選ばれました。八木さんの発表演題名は「精子幹細胞自己複製因子FGF2の精巣内発現挙動解析」で、高島 誠司 助教の指導下で行われた研究です。


八木さんは、高島助教らが最近同定した精子幹細胞自己複製因子 FGF2の精巣内発現動態を、既知因子のGDNFと比較しました。その結果、GDNFは精巣傷害時等精子幹細胞の自己複製が必要な状況で発現する一方、FGF2は逆に抑制されるという予想外の結果を得ました。 このことは、同じ自己複製因子でありながら、生体内では異なる役割を果たしていることを示唆しています。