信州大学HOME

facebookenglish

Menu

お知らせ

お知らせ

近藤祐平さん (M2)・風間泰規さん・近藤雄太さん (M1) が日本繊維製品消費科学会で若手優秀発表賞

2015.07.10

本学大学院 理工学系研究科 繊維・感性工学専攻 先進繊維工学コース 修士課程2年の近藤祐平さんが平成27年6月27~28日に信州大学繊維学部にて開催された日本繊維消費科学会2015年年次大会において「トレーニングインナーウェアが歩行中の筋活動及び歩様に及ぼす影響」と題して研究成果を発表し、若手優秀発表賞を受賞しました。
研究発表では肌着に伸縮性の異なる生地を付与したトレーニングインナーウェアが、歩行時の筋肉の活動および歩行動作に及ぼす影響を時間経過とともに計測するシステムを構築し、実証実験を実現したことが高く評価されました。
繊維消費科学会若手優秀発表賞(近藤,平成27年6月27日).png


2015.07.30 (追加)
本学大学院 理工学系研究科 繊維・感性工学専攻 感性工学コース 修士課程1年の風間泰規さんが平成27年6月27~28日に信州大学繊維学部にて開催された日本繊維製品消費科学会2015年年次大会において「綿タオルのふかふか感評価手法の検討」と題して研究成果を発表し、若手優秀発表賞を受賞しました。
研究発表では、主観的な "ふかふか感" を定量的に測定するための装置を試作し、評価指標を検討した結果を報告しました。発展性のある研究内容とプレゼンテーション技量が高く評価されました。
風間.png

2015.08.10 (追加)
本学大学院 理工学系研究科 繊維・感性工学専攻 感性工学コース 修士課程1年の近藤雄太さんが平成27年6月27~28日に信州大学繊維学部にて開催された日本繊維製品消費科学会2015年年次大会において「足首サポート機能を有する靴下が歩行およびバランス能力へ及ぼす影響」と題して研究成果を発表し、若手優秀発表賞を受賞しました。
研究発表では、靴下による足関節の適度なサポータ的拘束が歩行や立位バランス能力への効果を明らかにした結果を報告しました。製品化に結びつく実用性のある研究内容とプレゼンテーションが高く評価されました。
a59CdqkAVppT7wr1439164716_1439164722.png