信州大学HOME

facebookenglish

Menu

お知らせ

お知らせ

材料化学工学課程 共同研究チームの発表論文が石油学会論文賞を受賞

2015.06.01

材料科学工学課程の共同研究チーム (高塚透 元教授、高橋伸英 教授、福長博 准教授) が石油学会誌 (J. Jpn. Petrol. Inst.) に発表した論文「ベータ型ゼオライトを触媒添加材として用いた重質油接触分解での多次元反応制御」が石油学会論文賞を受賞しました。5月26日 (火) に開催された石油学会総会において平成26年度 (第51回) 論文賞の表彰式があり、翌27日 (水) に筆頭著者の今井涼一さん (2013年3月大学院修士課程修了) が受賞講演を行いました。


受賞対象論文タイトル:「ベータ型ゼオライトを触媒添加材として用いた重質油接触分解での多次元反応制御」。著者:今井涼一、高塚 透、前田健太、深澤亮徳、高橋伸英、福長 博。石油学会誌 (J. Jpn. Petrol. Inst.) 2013: 56 (5); 317-325。


石油学会表彰選考委員会コメントはこちら (石油学会HPより)。