信州大学HOME

facebookenglish

Menu

お知らせ

お知らせ

繊維・感性工学専攻 小林祐輝さん (M1)「トビタテ!留学JAPAN」に採択

2015.05.18

 

2014年からスタートした、官民協働で取り組む新たな海外留学支援制度「トビタテ!留学JAPAN」の第2期派遣留学生として、大学院理工学系研究科 繊維・感性工学専攻 修士課程1年の小林祐輝さんが選ばれました。信大からは、第1期派遣留学生として選ばれた農学部 倉田紗耶加さんに続いて2人目となります。


小林さんは平成27年5月14日から10ヶ月間、学部間交流協定校である香港理工大学に留学し、快適寝具の設計・開発のための研究を行います。3月に行われた「トビタテ!留学JAPAN」の壮行会と1泊2日の事前研修で日本中から集まった同じ志を持つ仲間と出会い、「ヤング・グローバル・リーダーとして活躍したいという想いが一層強まったそうです。また、「香港理工大学では研究活動だけではなく、自分が生まれ育った長野県や東御市、上田市の文化・歴史などについても伝える活動をしたい」と熱く語ってくれました。さらに、これから留学を目指す繊維学部の学生さんに「留学をしたい、海外に憧れている、という気持ちが少しでもあるのなら、是非、この『トビタテ!留学JAPANの奨学金に挑戦してください。自分の将来や夢に対する意識が大きく変わる事もあり、自分にとってとてもいい経験になると思います」というメッセージを残し、旅立ちました。


「トビタテ留学JAPAN」は年2回募集があり、次回は2016年4月1日~10月末に渡航する留学を対象に、2015年7月~10月末に募集される予定です。詳細は以下のURLアドレス ( https://tobitate.jasso.go.jp ) でご覧ください。