信州大学HOME

facebookenglish

Menu

お知らせ

お知らせ

岩手生物工学研究センター 高木宏樹 先生 特別講演会予告【5月14日 (木)】

2015.05.08

 

信州大学ヒト環境科学研究支援センター 遺伝子実験部門では (公財) 岩手生物工学研究センターの高木宏樹先生をお招きし、次世代DNAシークエンサーを活用した手法により、耐塩性イネ突然変異体の原因遺伝子を同定し、ゲノム育種により同遺伝子を持つ耐塩性良食味品種の育成を行った成果をご紹介いただきます。この研究の成果はNature Biotechnology誌に掲載されています (こちら)。本遺伝子実験部門セミナーにご興味をお持ちの方は、是非ご参加ください。

右上の写真:塩ストレスを与えた水田における耐塩性系統 hst1 (右) の栽培試験

 

日時: 5月14日 (木) 15:00〜16:00

場所: 第10講義室

講師: 高木 宏樹 先生  (公財) 岩手生物工学研究センター

演題: MutMap法を利用したイネ品種「ひとめぼれ」における耐塩性系統「Kaijin」の育成


(世話人 松村 英夫 准教授、内線5801)