信州大学HOME

facebookenglish

Menu

お知らせ

お知らせ

山口穂高さん (D3) と橋本一馬さん (M2) が日本感性工学会優秀発表賞を受賞

2014.09.12

  大学院総合工学系研究科 生命機能・ファイバー工学専攻 感性生産システム工学講座3年 山口穂高さんと大学院理工学系研究科 繊維・感性工学専攻 感性工学コース2年 橋本一馬さんが、平成26年9月4日に中央大学にて開催された日本感性工学会第16回年次大会において、日本感性工学会「優秀発表賞」を受賞しました。
  この受賞は、日本感性工学会第15回年次大会において山口さんは「着座時における下肢むくみと血流量の関係に関する研究」、橋本さんは「相変化材料を用いた温熱調節寝具の寝心地評価に関する研究」と題して発表した研究成果に対して贈られた賞です。

 

260912.png 

 (左)山口穂高さん (右)橋本一馬さん